スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城山と覚満淵 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

2015/10/10

ぷらっと赤城山

登山の前に早朝の覚満淵へ寄り道
20151010_01.jpg

20151010_05.jpg

カメラマンだらけ
皆さん、何を狙ってるのかな?
20151010_03.jpg

水面が綺麗
20151010_09.jpg

20151010_18.jpg

幻想的だ。
どうやら皆さんの被写体は朝靄らしい。
20151010_36.jpg

自分も撮ってみたが、ド素人丸出し。
20151010_38.jpg

被写体が良いからか、ド素人が撮ってもそれなりに見える気が。
20151010_46.jpg

ええもん見れた。
寄り道して良かった。
20151010_55.jpg

靄が晴れてきた。
20151010_59.jpg

風が無いからベストコンデションなんだろな
20151010_61.jpg

ただシャッターを押すだけでも今日は綺麗だわ
20151010_62.jpg

人気の場所なのが頷ける。
20151010_65.jpg

上からの覚満淵
20151010_90.jpg

さっきは、あそこを歩いてた
20151010_88.jpg

さて、寄り道終わって、ここからは登山。
赤城山の最高峰、黒檜山へ
20151010_97.jpg

登山道からの大沼
こちらも紅葉綺麗でした
20151010_101.jpg

20151010_105.jpg

20151010_113.jpg

20151010_117.jpg

20151010_120.jpg

20151010_129.jpg

20151010_146.jpg

黒檜山(赤城山)山頂
20151010_190.jpg

武尊山
20151010_151.jpg

手前、皇海山
奥、日光白根山
20151010_173.jpg

20151010_178.jpg

20151010_179.jpg

黒檜山大神
20151010_194.jpg

小沼
20151010_197.jpg

20151010_204.jpg

20151010_208.jpg

20151010_213.jpg

20151010_222.jpg

20151010_237.jpg

20151010_244.jpg


08:06 黒檜山登山口
08:53 黒檜山山頂
09:01 展望台
(休憩12分)
09:13 展望台
09:18 黒檜山山頂
10:19 黒檜山登山口

【合計: 2時間13分 (歩行時間:2時間1分)】
スポンサーサイト

木曽駒ケ岳にご報告 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

2015/10/4

乗鞍の次は、木曽駒ケ岳に寄り道。
ここは18年前、登山を始めて一番最初に登った百名山。

その時に着ていたグレーのヤッケを今日は着てきた(^^)


千畳敷カール、ここを登ります。
20151004_219.jpg
おー、懐かしいぜー。
18年前にきた時は、ここは雪渓の時期だったなー。

18年前の千畳敷カール。
今日は、その時と同じヤッケを着てます(^v^)
コピー ~ IMG_0016_NEW_0001
ズボンがダボダボだぜー。

千畳敷カールの八丁坂。
人が歩いてる。
20151004_222.jpg

左に宝剣岳。
20151004_223.jpg
宝剣も登ったなー。
今日は登らないけど(^^ゞ

南アルプスと富士山
20151004_224.jpg

大好き富士山
20151004_226.jpg

右に行くと前岳、北御所
20151004_229.jpg

初めて登った岩稜帯の山、宝剣岳。
20151004_230.jpg
岩々してて楽しかったな。

乗越浄土から中岳
20151004_231.jpg

中岳
20151004_233.jpg

中岳から木曽駒ケ岳手前の鞍部へ下ります
あ、ガスが…
20151004_234.jpg

一気に雲の中

木曽駒山頂
20151004_243.jpg

木曽駒ケ岳山頂の駒ケ岳神社
20151004_239.jpg
百名山を無事完登できた事を、木曽駒ケ岳の神様にお礼かたがたご報告。


報告完了。
下ります。

カールは人がいっぱいになってた。
20151004_248.jpg
結構、急こう配です。

千畳敷駅横の剣ヶ池
20151004_253.jpg

鋸岳、甲斐駒
20151004_258.jpg

北岳、間ノ岳、西農鳥
20151004_259.jpg

今年登った南アルプスの塩見岳。
20151004_262.jpg
日帰りきつかったな…。

南アルプスの…うぅ、わからん。
20151004_265.jpg
解らないなんて、山座同定もまだまだだな。
もっと勉強が必要だ。

ロープウェイから紅葉が綺麗だった
20151004_271.jpg

20151004_275.jpg

20151004_277.jpg

20151004_280.jpg

滝とロープウェイの影。
20151004_281.jpg

20151004_279.jpg

20151004_283.jpg

木曽駒の往復だけなので、あっという間の登山だった。

以下、雑感

・登山者多し
・千畳敷カールの登山道は急傾斜で道幅が狭く、すれ違い時は注意
・カールはガレ場なので、落石を起こさないよう慎重に(下にうようよ人がいます)
・乗越浄土から山頂までは、ガス時は迷いやすいので注意(道標が解りづらい)

06:38 ロープウェイ千畳敷駅
07:06 乗越浄土(休憩2分)
07:16 中岳
07:35 木曽駒ケ岳山頂
(登り:57分)

-お参り3分-

07:38 山頂発
08:06 乗越浄土
08:38 ロープウェイ千畳敷駅
(下り:1時間) 
※登りより時間かかったのは登山者渋滞で前に進めなかったから(^_^;)

合計: 2時間ぴったり (歩行時間:1時間55分)

乗鞍岳 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

2015/10/3
ぷらっと乗鞍岳に。

遊歩道からの畳平
後方左に恵比寿岳、右に魔王岳、手前に鶴ヶ池
20151003_08.jpg

不消ヶ池(きえずがいけ)越しのコロナ観測所(白いドーム)
20151003_11.jpg

左から剣ヶ峰、蚕玉(こだま)岳、朝日岳
20151003_34.jpg

左下に大雪渓の生き残り
20151003_31.jpg

小屋から先は岩の多い登山道
20151003_40.jpg

権現池の奥に白山
20151003_49.jpg

蚕玉岳に寄り道
20151003_50.jpg

山頂のお社と鳥居が見えます
20151003_55.jpg

鳥居をくぐって
20151003_61.jpg

乗鞍岳の最高峰、剣ヶ峰(3,026m)
20151003_62.jpg

すぐ横には御嶽山
20151003_64.jpg

権現池(噴火口)
剣ヶ峰はこの噴火口の外輪山となる
20151003_67.jpg

山頂には長野側に朝日権現社、岐阜側に乗鞍本宮奥宮が背中合わせで立っている
こちらは岐阜県側の乗鞍本宮
20151003_77.jpg
岐阜県側は風上で強風、長野県側は無風でした

コロナ観測所
遠景には北アルプス
20151003_81.jpg

乗鞍エコーライン
20151003_83.jpg

浅間山
20151003_86.jpg

八ヶ岳連峰
20151003_87.jpg

愛しの南アルプス
南アルプス日帰りシリーズは過酷だったな…(遠い目)
20151003_88.jpg

手前から笠ヶ岳、その奥はめちゃくちゃ疲れた黒部五郎さま、一番奥に薬師岳
20151003_89.jpg

左から、先日登った野口五郎ちゃんと、旭岳、針の木岳、白馬岳
20151003_96.jpg

大好き野口の五郎ちゃん(某歌手ぢゃない)
20151003_106.jpg

こっちから見ても槍穂はカックイイな
奥穂から前穂にかかる吊尾根が美しい
20151003_119.jpg

北岳の肩越しに富士山がちらリズム
20151003_125.jpg

さて、下りよう
20151003_66.jpg

左から大日岳、屏風岳、薬師岳
20151003_47.jpg

白砂地帯、この辺は猛烈な風
体が飛ばされそう
20151003_134.jpg

さっき通った蚕玉岳を再び通過
20151003_137.jpg

左から、水晶岳、野口五郎、旭岳、針の木岳、白馬岳、槍ヶ岳
手前、焼岳
20151003_140.jpg

肩の小屋に再び到着
小屋のすぐ上にコロナ観測所
20151003_154.jpg

エコーラインの紅葉綺麗だった
20151003_157.jpg

不消ヶ池と不動岳
20151003_165.jpg

中央、百名山最後の山となった、最奥の水晶岳
20151003_178.jpg
先日はありがとうございました。
遠かったです。

観光バスが続々上がってくる
奥に北アルプス
20151003_179.jpg

大黒岳かな?
20151003_185.jpg

畳平の奥には白山
20151003_193.jpg

畳平駐車場
チャリで登ってくる人多数。スゲー。
チャリで山に登るなんて、私には絶対無理だわ。
20151003_196.jpg

乗鞍スカイラインでほおの木駐車場へ
20151003_201.jpg

笠ヶ岳が近い
す・て・き
20151003_214.jpg

20151003_202.jpg

20151003_218.jpg


07:45 畳平バスターミナル
08:10 肩の小屋
08:46 乗鞍山頂
-休憩28分-
09:14 下山開始
09:42 肩の小屋
10:15 畳平バスターミナル

合計: 2時間30分 (歩行時間:2時間2分)

楽ちん登山。

書を捨てよ、山へ行こう 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

小学生の頃、家族と一緒に登った富士山で(姉が捻挫したので8合目までだったが)初めての感覚を覚えた。

溶岩の登山道、富士山から見る景色、そして富士山の雄大さ。
小学生だった私に、なんだか解らない不思議な衝撃が走った。

私は一人ドキドキし、そのまま富士山の虜になった。
今思えば、あれは初恋だったのだと思う。

そして十代後半になっても富士山熱は治まらず、富士山の写真集や本を集めるようになった。

思いは募り、20歳になった私は一人富士山に登った。
それから数回富士山に登ったが、山熱は富士山だけにとどまらず、他の山へも憧れを抱くようになった。

22歳の頃、どうしても山に登りたくて、意を決して登山学校の門を叩いた。
アルパインガイド協会主催の登山学校では1年間を通し、登山のいろは、厳冬期の雪山、ロッククライミング、アイスクライミング、沢登りの技術などを教えてくれた。

1か月に1度、新宿での机上講習もあった。
とても有意義な1年間だった。

そして、何よりも大切な仲間達ができた。
同期の仲間達とは今でもお付き合いをさせて頂いてる。


あれから18年経った今でも、登山を続けられている事に感謝している。
これからも、大好きな山々に逢いに行きたいと思う。



※百名山を終え一区切り着いたので、
 18年間の記録をまとめてみました。

現在、登頂山数312座 通算393座 でした。(^^ゞ


というか、いつも登山ネタばかりですみません(^_^;)
これしかないもんで…
2015登山記録

懲りずに… 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

9/21
シルバーウィーク。
百名山は終わったけど、懲りずに山に登ってきた(^v^)

ホントは別に本命の場所(登山ではなく行脚)に行く予定があって、そちらへ行くつもりだったのだけど、
近所に大峰山と大台ケ原(二山とも百名山)があったので、行脚は次の日にするとして、
ついでに二つ登ってきちゃった。(^^ゞ

そしたら、脚が痛くなっちゃって、結局明日行こうと思っていた場所は断念する事に(^_^;)トホホ



百名山の大峰山と大台ケ原は一度登っているけど、まったくもって記憶が無かったのでまた登れて良かった(^◇^)

さすがは世界遺産だけあって、登山道は綺麗に整備されていたー。

まずは、大峰山。
20150921_127.jpg

20150921_133.jpg

20150921_140.jpg

20150921_142.jpg
20150921_156.jpg

20150921_168.jpg

20150921_172.jpg

20150921_212.jpg

20150921_217.jpg


詳細はヤマレコをご覧ください↓すみません(^^ゞ
大峰山(弥山・八経ヶ岳)


んで、次は大台ケ原
20150921_229.jpg

20150921_236.jpg

20150921_237.jpg

さっきの大峰山はまあまあ歩いたけど、こちらは登り下りともたったの24分(^◇^)
あっという間だった。

大台ケ原の詳細はこちら↓でお願いします。
大台ケ原(日出ヶ岳)ハイキング

こんなに楽な登山は久しぶりだー(●^o^●)

登山というよりハイキング。

いやー、楽ちん楽ちん!
南アルプスや北アルプスの、あのヘビーな登山と比べると桁外れに楽だわ!


しかし…。

舐めてかかってサポーターもせずに登ったので罰があたったのか、膝を痛めた…。orz

という事で、明日行こうと思っていた行脚には行けなくなった…。(-_-;)

う、ううう…。せっかく遠路はるばるここまで来たのに…。


でも山登れたから、まいっかー♪(^◇^)

そして… 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

※記事長いです、すみません(^^ゞ最後なので気合いを入れました



ついにこの日が来た…



9/4(金) 1日目

高瀬ダムでタクシーを降り、スタートです。
あのトンネルの中を歩きます。
20150904_39.jpg

不動沢吊り橋
20150904_41.jpg

カモシカ
20150904_46.jpg

濁沢
20150904_48.jpg

濁沢橋を渡ると登山道が始まります
20150905_504.jpg

北アルプス三大急登のブナ立尾根入口
20150904_49.jpg
ずっと急登で疲れます(^_^;)さすが三大急登と言われるだけある。
でも思ったより辛くは無かったです。
南アルプス光岳へ登る途中の、易老岳の急登の方が辛かったかも(^^ゞ

烏帽子小屋に着くと、ブナ立尾根は終わりです。
20150904_51.jpg
途中まで晴れていましたが、小屋に着いた途端に雨が降ってきたので、レインウェアを装着します。
今日は天候が崩れる事は解っていたので、無問題です。

コマクサはすでに終わっていましたが、一か所だけ咲いていました!
20150904_53.jpg

野口五郎への縦走路は傾斜も緩く、白砂が多くてとても気持ちよかったのですが、
雨と風とガスで眺望はありませんでした。
明日に期待です(^^)/きっと明日~♪

水晶小屋に泊まる予定でしたが、野口五郎名物の強風と、小雨に体温を奪われたので、
少し早いですが野口五郎小屋に泊まる事にしました
20150904_68.jpg

お昼には着いてしまったので、夕食までかなり時間があります。
しばらく小屋の方やお客さん達と談笑です。
たまには、こんなゆっくりした山行も良いもんですね(*^_^*)

今日は平日で天気も悪いので、小屋は空いてました(^◇^)

小屋からは燕岳方面がよく見えます
天気は予想通り、雨が上がってきました
明日は早いので18時半に就寝です
20150904_64.jpg



9/5(土) 2日目


小屋を3:22に出発し15分ほどで野口五郎岳山頂です
暗くて何も見えません
後で、もう一度来ます
20150905_84.jpg

徐々に空が白んできました
槍ヶ岳のシルエットが浮かび上がります
20150905_96.jpg

水晶岳手前の小ピークで御来光を待ちます

太陽が見えてきました
20150905_107.jpg

富士山も見えてきました!
20150905_102.jpg
雲が安定しています。
今日の天気は良さそうです(*^_^*)

御来光
20150905_122.jpg
今日も1日頑張れるよう、お祈りします。


右奥の水晶岳と、手前の水晶小屋を、朝日が赤く照らし始めました。
水晶岳、ゴールはもうすぐです…
20150905_123.jpg

水晶小屋の前で、皆さんも御来光を見ています
20150905_116.jpg

鷲羽岳、ワリモ岳も赤く輝きはじめました
綺麗です
20150905_124.jpg

赤牛岳、立山にも朝日が
20150905_129.jpg

立山、かっこいいです
20150905_130.jpg

白馬三山、五竜、鹿島槍、針の木などがくっきり見えてきました
20150905_134.jpg

富士山
20150905_137.jpg

浅間山にも朝陽が当たって綺麗です
20150905_140.jpg

左から、鷲羽、ワリモ、ちょい見える双六、笠ヶ岳、三俣蓮華
20150905_142.jpg

どっから見ても笠ヶ岳は笠ヶ岳ですな
20150905_145.jpg

先日登った、黒部五郎さまと北ノ俣岳
20150905_150.jpg
あそこを歩いたのか~(^v^)しみじみ

黒部五郎さま、こっちからみてもメッチャカッコいいね
20150905_149.jpg
先日は、ありがとございましたー!と心の中で叫んでみた(^^ゞ
行程が長くて、本当に辛い山だったな…


そして、100座目、最後の山
百名山の中で最奥の、憧れの水晶岳が目の前に。
フィナーレはもうすぐ…
20150905_155.jpg

日本百名山 100座目
水晶岳 登頂
20150905_161.jpg

ついにこの時がきました…

22歳から百名山を目指し、18年経ってようやく最後の頂に立てました。

20150905_918.jpg

登山者の方々が「おめでとう!」と拍手をくれました。
恥ずかしかったけど、嬉しかったです。

360度見渡す限りの絶景です
今まで登った名峰達が沢山見えて、百名山の最後に山からご褒美を頂けた気分で、涙が出そうでした。

今まで登った山々を、思い出に浸りながら眺めます。

薬師岳
いつ見ても大好きな山です。
立山の室堂から縦走しました。
20150905_171.jpg

赤牛岳への縦走路
奥に立山と剣岳が見えます
おそらく、手前の赤牛岳が一番最奥の山だろう
20150905_173.jpg

右が立山、中央が剣岳、左が竜王岳
20150905_196.jpg
立山三山縦走は何度行っても大好きなルート。
剣岳は、最高にカッコいい山だった。
竜王岳は、室堂から薬師岳への縦走の際に登ったな。

左から、槍・穂、鷲羽、双六、三俣蓮華、笠ヶ岳
20150905_180.jpg
新穂高から高瀬ダムへ、20kgかついでのテン泊縦走はきつかった。
(吐いたし…)

槍・穂高連峰
20150905_181.jpg
槍は雨だったのでまた行きたいな
穂高はスリルあって最高楽しかった

左、乗鞍岳 右、御嶽山
20150905_184.jpg
乗鞍は母と登った。御嶽山は山頂の池がエメラルドグリーンで綺麗だった

左から旭岳、白馬三山、唐松、五竜、鹿島槍
20150905_174.jpg
白馬の縦走では、強風で体が浮きそうになった。
五竜から唐松への縦走は雪が降って寒く、手がかじかんで岩場は危なかった。
五竜から鹿島槍への八峰キレット縦走は楽しかった。

笠ヶ岳
20150905_179.jpg
笠新道はけっこう疲れたけど、槍穂から登る御来光が見られて最高だった。

左、大天井岳 右、常念岳
20150905_187.jpg
表銀座ルート縦走は3回行ったけど、どれも最高の山行だった。

富士山の右に南アルプス
20150905_232.jpg
甲斐駒、仙丈ケ岳は楽だったが、その他の南アルプス日帰りはヘビーだったな…

左、四阿山 右、浅間山
20150905_235.jpg
四阿山は牛のう○ち地獄だった…。
浅間山は靴ずれがベロンチョして痛かった…。

手前左、南沢岳 右、烏帽子岳
奥、針の木岳 更に奥、五竜と鹿島槍
20150905_236.jpg
針の木も良い山だったな

手前左、黒部五郎 奥、白山
20150905_176.jpg
白山への夜中の車移動は大変だったな。
黒部五郎小屋は本当に遠く辛かった…。

そして富士山
20150905_186.jpg
初めて登った百名山は富士山。
100座目の水晶岳から1座目の富士山が見られて感慨深いです。

水晶小屋へ戻ります。
ゴツゴツしていますが、難しい岩場はありません
20150905_192.jpg

山頂から小屋への縦走路は気持ちがよいです
20150905_217.jpg

左に水晶小屋と常念岳、中央に富士山
20150905_218.jpg

水晶小屋
ちょっと食事休憩します
20150905_223.jpg

水晶小屋から下は、赤土の道が続きます
20150905_243.jpg

ぱっくり、えぐれてる
20150905_249.jpg

水晶小屋の横は崩壊してます。
20150905_250.jpg

というか水晶小屋…凄い場所に建ってるな(^_^;)
20150905_271.jpg

水晶岳を振り返る
20150905_272.jpg
水晶小屋から水晶岳へは30分ほどで行けました

鷲羽とワリモ、また行こうかな
20150905_278.jpg

さようなら、水晶岳
最高の景色を見せてくれてありがとう
20150905_284.jpg

水晶岳のカール地形
モレーンがはっきり見えます
20150905_290.jpg

左、浄土山、竜王岳
中央、立山
20150905_295.jpg
剣岳は隠れちゃった。

左、旭岳
中央、白馬三山
20150905_296.jpg

暗くて見えなかった野口五郎へ向かいます
水晶から真砂岳まで岩が大きい個所が続きます
20150905_297.jpg

岩の間に落ちそうです
20150905_301.jpg


20150905_305.jpg

槍と硫黄岳
硫黄岳がおどろおどろしい
20150905_303.jpg
硫黄の匂いが、微かに流れてきます。
温泉たまごが食べたくなります。

朝は暗くて見えなかった野口五郎岳もよく見えます
左下には五郎池も見えます
20150905_308.jpg
ちなみに、あの有名な歌手さんはこの山から名前をとったそうです。

五郎池
20150905_307.jpg

気持ちの良い縦走路、早くあそこを歩いてみたいです
20150905_311.jpg

野口五郎岳の手前まで来ました。
20150905_328.jpg

20150905_319.jpg

白砂が美しく、最高です
大好きな山に仲間入りです
20150905_332.jpg
野口の五郎さんは黒部五郎様と違って、女性的な感じです。

野口五郎岳山頂
20150905_336.jpg
300名山にしておくには、もったいない山です。

朝、出発した野口五郎小屋が見えます。
20150905_358.jpg
背後には立山がドデーンとしています。

大好きな薬師岳の巨体が見えます。
20150905_365.jpg

通ってきた道を振り返る。
20150905_375.jpg
とても気持ちの良い道でした。

そして、再びの野口五郎小屋
20150905_382.jpg

おそらく最奥の赤牛岳
20150905_384.jpg

何度も振り返ります。
あそこを歩いてきたのかと感慨深いです。
20150905_395.jpg
槍ヶ岳がまだ見えますが、もうそろそろお別れです。

水晶岳とも、そろそろお別れです。
20150905_397.jpg

紅葉、始まってました
20150905_400.jpg

烏帽子小屋から真砂岳までの縦走路は概ね白くて最高です
20150905_402.jpg

展望コースと、お花畑コースへの分岐
20150905_405.jpg
右へ行くとお花畑コースです。

眺望はもう充分堪能したので、帰りもお花畑コースを通ります。
20150905_406.jpg

20150905_407.jpg

20150905_412.jpg

20150905_413.jpg

20150905_419.jpg

20150905_415.jpg

20150905_416.jpg

20150905_418.jpg

お花畑コースは最高でした。
20150905_425.jpg

20150905_423.jpg

三ツ岳
20150905_420.jpg

三ツ岳山頂は行けないので、巻き道を行きます
20150905_426.jpg

赤と白と緑のコントラストが美しいです
20150905_433.jpg

高瀬湖が見えます
20150905_435.jpg

バスクリン、沢山入ってます
20150905_436.jpg

良い岩ありました
20150905_437.jpg

歩きやすく気持ちの良い砂礫地が続きます。
20150905_440.jpg

烏帽子小屋とヒョウタン池が見えました。
20150905_444.jpg

砂礫地のコマクサはもう殆ど終わっていました
20150905_458.jpg
昨日見たコマクサが最後の一輪だったようです。

針の木が雲の中から現れ、カッコよかったです。
20150905_451.jpg

ん?砂礫地の中央部分、なぜあそこだけ灰色になってるの?
20150905_460.jpg

ズーム
何故あそこだけ、岩質が違うのだ?行って確かめてこよう!
20150905_461.jpg

ズームした場所に来ました
20150905_484.jpg

灰色に見えた岩はこれか。
なぜ、ここだけ岩が大きく、苔が多いのだろう?
不思議です、今度調べてみよう(^◇^)
20150905_487.jpg

20150905_473.jpg

20150905_497.jpg

20150905_494.jpg

20150905_468.jpg

ヒョウタン池
20150905_495.jpg

再び烏帽子小屋に来ました。
ここから、ブナ立尾根をひたすら下ります。
20150905_500.jpg
急坂の下りは本当に辛いので、嫌です…。(弱気)

長い長いブナ立尾根がようやく終わりました
つ、疲れた…
20150905_502.jpg
いつもいつも下りは、登りより遥かに長く感じる。

濁沢を渡ります。
20150905_506.jpg

濁沢の滝
20150905_507.jpg

吊り橋
20150905_515.jpg

土曜なので、土砂を運ぶダンプが沢山動いていました
20150905_520.jpg

トンネルを次々と通過して行きます
間近で迫力があります
20150905_523.jpg

近くて怖いですが、ダンプの運転手さん達は、登山者がいる時は、
ウィンカーで人がいる事を後続車に知らせ、ゆっくり走ってくれます
20150905_527.jpg
とてもありがたい配慮です

タクシーの運転手さんの話だと36台だそうです
20150905_532.jpg
失礼ながらも動いているダンプの写真を撮っていたら、ダブルピースをしてくれた気さくな運転手さんや、
笑顔を向けてくれた運転手さんがいて嬉しかった(^v^)

もうすぐフィナーレです
20150905_539.jpg

運よく、タクシーが来てました
20150905_537.jpg

駐車場に到着
20150905_541.jpg
百名山、やっと終わりました…
疲れました(^_^;)

1日目は約24,931歩
20150905_544.jpg

2日目は約53,890歩
20150905_543.jpg

合計、約79,000歩でした。


あれ?黒部五郎の時より少ないかも?
あの時は、確か88,000歩くらいかと。

黒部五郎小屋までの行程を入れると、水晶岳より黒部五郎の方が距離が長いのか。

どうりで、黒部五郎は大変だった訳だ(^_^;)

でも、これでやっと終わりました!

長かった!辛かった!でも百名山は最高に素晴らしかった!
ありがとう百名山!





以下雑感 (ヤマレコより※ヤマレコの記事はこちらです。)


百名山100座目
最奥の山、水晶岳

1日目は雨と風で過酷だったが、2日目は最高の天気だった。
最後のご褒美に、今まで登ってきた名峰達を見せてくれたのかも

水晶岳山頂で「100」と書いた紙を持って写真を撮っていたら、
登山者の方々が「おめでとう!」と拍手をくれた。
恥ずかしかったけど、嬉しかった。



百名山の父、深田久弥はこう言いました

『百の頂きに、 
  百の喜びがある』

長く、遠く、険しい道のりでしたが、百の喜びを感じる事が出来ました。
チャレンジして良かったと思います。
18年かかってしまいましたが、百山を無事に終える事ができ、ホッとしています。

チャレンジとしては終わりましたが、百名山で、また登りたい山は沢山あります。
これからも沢山登ろうと思います(^^)




[1日目 9/4(金)]
05:51 高瀬ダム
05:59 吊り橋
06:11 ブナ立尾根入口
09:16 烏帽子小屋
(休憩10分)
11:47 野口五郎小屋
【1日目 計:5時間56分(歩行時間:5時間46分)】
---------------------------------------------------------

[2日目 9/5(土)]
03:22 野口五郎小屋
03:36 野口五郎山頂
05:18 2,833mピークにて御来光待ち
(御来光撮影15分)
05:33 2,833ピーク出発
05:51 水晶小屋
(ザックデポ 休憩12分)
06:34 水晶岳山頂
【登り計:3時間42分(歩行時間:3時間15分)】

(写真撮影16分)

06:50 下山開始
07:16 水晶小屋
(食事休憩29分)
09:24 真砂岳分岐
10:01 野口五郎岳山頂
(休憩23分) 
10:33 野口五郎小屋
12:49 烏帽子小屋
(休憩19分) 
15:16 ブナ立尾根入口
15:39 高瀬ダム
【下り計:8時間49分(歩行時間:7時間38分)】

【2日目 計:12時間47分(歩行時間:10時間53分)】
------------------------------------------------------------

《2日間の総計:18時間43分(歩行時間:16時間39分)》

日帰りトムラウシ 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

2015年 北海道遠征 第2弾 ~その2~

百名山で1番の泥濘地獄(^_^;)がんばります!

(ヤマレコの記事はこちらから↓)
2015/8/16 日帰りトムラウシ

登山届を提出して出発です
20150816_245.jpg

すぐに短縮コースとトムラウシ温泉コースとの分岐に着きます
20150816_247.jpg

カムイ天上から先が泥濘本番といった感じです…
20150816_248.jpg

山が見えるけど、何の山かわからない
北海道は疎くてわからんとです
20150816_250.jpg

雲海が綺麗
20150816_257.jpg

雲の上を歩きたいです
20150816_258.jpg

前トムのあたりかな、見えてきた
20150816_260.jpg

靴が汚なくなるのは気にしない!
ずっと泥濘から逃げられないので(^_^;)
20150816_264.jpg

コマドリ沢分岐
ここから先は泥濘が無くなります(山頂近くにあったけど…)
20150816_266.jpg
靴を洗いたいところだが、また帰りに泥濘地獄を通るので、洗ってもしゃあないから止めた(^_^;)

綺麗なお花畑が続き、最高のルートです
20150816_271.jpg

ツリガネ山方向が見えます
20150816_274.jpg

前トム
20150816_276.jpg

ゴツゴツの大きい岩地帯が続きます
20150816_280.jpg

けっこう大きい岩です
人が歩いていますので、大きさの対比ができます
20150816_284.jpg

近くだとこんな感じです
20150816_288.jpg

岩と岩の間に落ちないように慎重に
20150816_289.jpg

対岸には通ってきた道が見えます
20150816_292.jpg

トムラウシ公園が見えてきました
20150816_294.jpg

池塘や、雪渓もあります
20150816_300.jpg

美しいです
20150816_301.jpg

山頂付近はガスッてます
20150816_303.jpg

百名山99座目
トムラウシ山頂
20150816_324.jpg
ラス1となりました!

画像では解りませんが、北沼の雪渓の雪解け水が神々しいほどのブルーでした
20150816_314.jpg

荒々しく岩々していますが、高山植物達がとても綺麗でした
20150816_332.jpg

花の名前は解らないので、間違えてたらゴメンナサイ
イワギキョウ?
20150816_334.jpg

うっ…。
20150816_335.jpg

タカネナデシコ?
20150816_337.jpg

イワブクロ
20150816_338.jpg

荒涼としていて、あの世みたいです
20150816_339.jpg

でも花は綺麗です
トムラウシは高山植物がいっぱい(●^o^●)


コマクサがあった!
20150816_342.jpg

北海道で逢えるなんて(^^)
20150816_343.jpg

トムラウシ公園は芸術的な岩がゴツゴツしています
20150816_348.jpg

20150816_349.jpg

白とピンクが混ざって綺麗
20150816_350.jpg

20150816_352.jpg

雨露に濡れて色っぽいです
20150816_353.jpg

エゾノツガザクラ
20150816_356.jpg

エゾコザクラ
20150816_357.jpg

チングルマかな
20150816_359.jpg

アオノツガザクラ?
20150816_360.jpg

うーん。
20150816_362.jpg

ううーん。
20150816_363.jpg

ん?あれはもしや?
20150816_366.jpg

やっぱりガメラだー!(^^)/
20150816_365.jpg

ここいら一帯は有名な遭難事故があった場所で、ガスった時危なそうです
ケルンがあると目印になって助かります
20150816_369.jpg

再び前トム平
20150816_372.jpg

ここを戻ります
20150816_370.jpg

トムラウシがちらり
20150816_376.jpg

チシマギキョウ
20150816_382.jpg


20150816_383.jpg

トカチフウロ?
20150816_384.jpg

20150816_385.jpg

20150816_386.jpg

再びコマドリ沢分岐
20150816_387.jpg

靴を洗いたい…が、この先でまた汚れるので諦めよう(^_^;)
20150816_388.jpg

トリカブト
20150816_389.jpg

美しい花達に癒された後は再びの泥濘地獄…
ぐちゃっ…
20150816_393.jpg

チシマアザミも不気味に微笑んでいるようです
20150816_390.jpg

木があると泥濘にはまらないので助かります
でも、もう既にはまりまくっているので諦めの境地です
20150816_396.jpg

このルートを歩いていると「避けることは不可能である」と、途中で悟ります
20150816_397.jpg
途中で悟った人達の足跡が沢山続きます(笑)

駐車場到着
ようやく泥濘地獄を脱出です
20150816_398.jpg

水たまりで泥を落としました
20150816_399.jpg

44,024歩 一昨日の幌尻岳より少ないです
20150816_400.jpg


以下雑感 (ヤマレコより)

噂通りの泥濘コース
登山道の3分の1は泥濘だった気が。

避けることは不可能だと、途中で悟ります(^_^;)
でも靴が汚れるのを諦めて開き直れば、クッション性がある泥濘は膝に優しくてとても良かった。
ただ、傾斜があるとズベッと滑るのでご注意を…。

危険個所は特にないが、山頂近辺は一つ一つの岩が大きいので、岩と岩の間に落っこちないよう注意が必要だった。

山頂直下を除けば、全体的に傾斜も緩く、とても歩きやすい山。
高山植物も綺麗で、最高だった。


05:34 短縮コース登山口
05:52 短縮・温泉コース分岐
06:23 カムイ天上
07:35 コマドリ沢分岐(休憩7分)
08:21 前トム平
09:52 トムラウシ山頂
【登り計:4時間18分(歩行時間:4時間11分)】

ー休憩6分ー

09:58 下山開始
11:25 前トム平(休憩13分)
12:09 コマドリ沢分岐(休憩4分)
13:49 短縮・温泉コース分岐
14:06 短縮コース登山口
【下り計:4時間8分(歩行時間:3時間51分)】

《総計:8時間32分(歩行時間8時間2分)》

登山の合間に2 

カテゴリ:ドライブ・旅行・お出かけ

今年の北海道遠征登山第二弾、のときの観光ネタ

登山の合間にちゃっかり観光編2です


8/15
ベアマウンテン

山でなかなかヒグマに逢えないので、お金払って逢ってきました。

20150815_152.jpg

20150815_155.jpg

20150815_159.jpg

20150815_168.jpg

20150815_169.jpg

20150815_164.jpg

20150815_165.jpg

20150815_173.jpg

20150815_185.jpg

いやー、登山道で遭わなくて良かった!!


ヒグマの次は、一度見に行きたかったばんえい競馬場へ。

パドック
20150815_233.jpg

大きい馬だなー。
20150815_234.jpg

目が凄いな!
20150815_237.jpg

20150815_218.jpg

20150815_220.jpg

20150815_222.jpg

20150815_224.jpg

20150815_230.jpg

20150815_225.jpg

20150815_228.jpg

20150815_241.jpg

鞭でビシバシ叩かれていて、見ているのが辛かったです。
ちょっと、複雑な気持ちになってしまった…。


8/17
昭和新山

高校生の時に、修学旅行で来て以来だから、23年ぶり(^_^;)
20150817_410.jpg

20150817_411.jpg

20150817_418.jpg

20150817_419.jpg

火山最高!

百名山の次は、日本の地質百選や、ジオパーク巡りしようかな~(●^o^●)

日帰り幌尻岳(額平川コース) 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

2015年 北海道遠征 第2弾 ~その1~

百名山で一番やっかいな山 幌尻岳に登頂してきました!
(ヤマレコの記事はこちらから↓)
2015/8/14 日帰り幌尻岳(額平川コース)


渡渉開始地点手前までは右岸を数か所へつります
危険ポイントです
20150814_10.jpg

渡渉開始
増水時は本当に止めたが良いと感じました
20150814_07.jpg

今日は水量も少なく安定しています
水量が多かったら諦めようと思ってました
よかった。。。
20150814_13.jpg

大人の男性で膝下くらいの個所が多かったです
20150814_15.jpg

登山靴から沢靴に履き替えます
スポーツデポで買った3000円のサワーシューズです
本格的な沢靴ではありませんが、けっこう良い感じです
ただ、やはり苔は滑ります
何度か脚を滑らせました
20150814_20.jpg

今回、ほとんど膝下から膝上でしたが、
一番深い所で股下の個所もありました
(単に私の脚が短いからか…)
20150814_22.jpg

体を支えるストックは必携だと思います
ダブルストックが望ましいです
20150814_24.jpg

二十数回ほどの渡渉を終えると幌尻山荘です
ホッとします
ここで、登山靴に再びチェンジです
20150814_25.jpg

北カール壁を歩きます
20150814_34.jpg

ひぐまは、いねが~
20150814_35.jpg

ちょっとだけ晴れ間もありました
20150814_31.jpg


眺望はあまりないですが、高山植物達は美しく
とても癒されましたが、名前は一つも解りませんでした・・・

これはミヤマリンドウ?
20150814_46.jpg

ハチがこちらを睨んでいます
この花はハチに人気でした
美味しいのでしょう
20150814_49.jpg

ウメバチソウ?
20150814_56.jpg

シマリスが何か食べていました
20150814_60.jpg

百名山98座目
幌尻岳ゲッツ
20150814_64.jpg

山頂は涼しくて気持ち良い
風がなくて登山道は暑かったです
20150814_72.jpg

イワブクロ
20150814_80.jpg

イワギキョウ
20150814_84.jpg

幌尻岳を歩いていると所々で地質が変わり面白いです
山頂近になると、この面白い模様の岩石が増えました
歩きながら岩石の種類を調べるのも楽しそうです
20150814_88.jpg

20150814_91.jpg

ひぐまがいそうでいない
20150814_103.jpg

北カール横を再び下ります
20150814_104.jpg

幌尻山荘に再び到着

登山靴からサワーシューズ、沢用ソックスに履き替えます
ちなみに青いタイツは沢登り用で、水に濡れてもすぐ乾き体も冷えず最高でした
(ファイントラックのアクティブスキンです)
20150814_115.jpg

前を行くおじさまが渡渉しているところを隠し撮りです
20150814_123.jpg

流れが穏やかな所でしか、撮影してません
(急流は余裕がなかったので(^^ゞ)
20150814_125.jpg

何度も渡渉をしていると、どこを通るのが一番ベストかが、なんとなく解ってきます
20150814_126.jpg

今回は水量は安定していましたが、増水したら本当に危険な沢です
20150814_128.jpg

渡渉は本当に楽しいです
20150814_130.jpg

水深が深く、急流な個所などでは、このような長くて丈夫な木棒が立てかけてあります、ストックがあったので使いませんでしたが、これはとても歩きやすそうです
使用したら、対岸(渡った先)に立てかけておきます
20150814_135.jpg

やっと渡渉が終わり一安心です
20150814_136.jpg

計4回の履き替えが面倒です
かなり時間をロスします
20150814_137.jpg

往復15kmの長い長い林道が、これでもかと続きます…
行きよりも帰りは、林道が本当に長く長く感じました

シャトルバス待合所に到着!疲れた!
20150814_148.jpg
左の小屋で休んでバスを待ちます、先客が数名いらっしゃいました
17時まで、しばし談笑(^_^)

58,263歩
まあまあ歩いたか
20150814_149.jpg



以下雑感(ヤマレコより)

とよぬか山荘3時発のシャトルバスに乗り第1ゲートまで約1時間。
4時12分、空はうっすらと明るくなり始め、ヘッドライトを点けて片道7.5kmの林道を歩きだしました。

傾斜は緩く、綺麗に整備された林道が続きます。
(岩などがボコボコしていない、とても綺麗な林道)

しばらくすると北海道電力取水施設に到着。
ここから渡渉が始まるが、しばらくは右岸(自分からみると左側)の鎖場をへつります。
足場は切れ落ちており、濡れていると滑ります。
渡渉以外で危険な個所は、このへつり個所と、下山時の渡渉途中に出てくる巻き道(左岸)に脚の届かない岩場が一か所あり、ここが一番の危険ポイントだと思いました。

沢は、今回増水もなく安定していたので楽しく渡れましたが、増水時は本当に危険だと思います。
今回も急流個所では体を持ってかれそうな個所がありました。
増水時は死亡事故もあるので、引き返した方が賢明です。
何度か渡渉をしているうちに、歩きやすい場所を見つけられるようになりました。
(川の中で水が白くなっている個所は急流なので避け、石の上流側を歩くと比較的流れが穏やかになり歩きやすかったです)

幌尻山荘から上は渡渉はなく、急登の登山道が始まります。
今回は風がまったく無かったので暑いくらいでしたが、カール横の稜線と山頂は風が強くなりそうなので、防寒着は必携だと感じました。
(8月といえど、北海道の山は北アルプスなどの3000m峰と気候は同じと考えて良いと思います。)

下山時、幌尻山荘を出発して間もなく雨が降ってきました。
カールに雨が降ると下流に水が一気に押し寄せ増水しますので、急いで下りました。
幸い、増水する事もなく無事に渡渉を終えることができました。
林道に出て、ホッと一安心です。

ここから、再び7.5kmの長ーい長ーい林道が始まります。
行きよりもかなり長く感じます。
アップダウンも結構あって、この林道歩きが一番辛かったです。
しかもアブに2か所刺され、痛かった…(泣)

第1ゲートに着きバスに乗り換え、とよぬか山荘に向かう途中、沢を見たら水が茶色く濁りはじめ、一気に濁流になっていました。
カールに雨が降ったのだと思われます。
バスの運転手さんも「さっきまで綺麗な流れだったのになぁ…」と、ポツリとおっしゃってました。

増水時は幌尻山荘で下山を引き止められ、バスも運行しないという事を聞いていたので、ギリギリセーフでした。

幌尻岳の渡渉をする際は、必ず前日までの降水状況や、当日の雨の有無などを調べてから行かないと危ないです。
(私は前日まで、額平川や近辺の川の降水状況や水量などを確認しました。国土交通省の河川情報などで調べられます)

一番やっかいだと思っていた幌尻岳が終わってホッとしています(*^_^*)


04:12 第1ゲート
05:48 北海道電力取水施設
05:55 渡渉ポイント直前のへつり個所
06:20 渡渉開始地点(靴の履き替え10分)
07:16 幌尻山荘(靴の履き替えと休憩27分)
07:43 山荘発
08:44 命の水
(休憩5分)
10:06 新冠ルート分岐
10:10 幌尻岳山頂
【登り計:5時間58分(歩行時間:5時間16分)】

ー休憩23分ー

10:33 下山開始
12:36 幌尻山荘(靴の履き替えと休憩28分)
13:04 山荘発
13:51 渡渉終了地点(靴の履き替えと休憩13分)
14:04 渡渉終了地点発
14:35 北海道電力取水施設
16:18 第1ゲート
【下り計:5時間45分(歩行時間:5時間4分)】

《山行計:12時間分6分(歩行時間:10時間20分)》

日帰りは…止めといた 黒部五郎岳 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

百名山97座目
北アルプス 黒部五郎岳 2839.6m

ご、ゴールが見えてきた!( ̄∀ ̄;)あと、少し!

でも、アキレス腱が腫れてきちゃった(^_^;)
お願いだから、終わるまでは切れないでね…。

↓という事でブログを書けないので、詳細はこちらのリンクをご覧ください(^^ゞ
≪フーのヤマレコ≫日帰りは断念@黒部五郎岳

20150801_38.jpg

20150801_52.jpg

20150801_70.jpg

20150801_155.jpg

20150801_170.jpg

20150801_203.jpg

20150801_206.jpg

20150801_207.jpg

20150801_209.jpg

20150801_194.jpg

20150801_205.jpg

20150801_214.jpg

20150801_227.jpg

20150801_229.jpg

20150801_247.jpg

20150801_248.jpg

20150801_249.jpg

20150801_251.jpg

20150801_255.jpg

20150802_263.jpg

20150802_270.jpg

20150802_271.jpg

20150802_272.jpg

20150802_278.jpg

20150802_285.jpg

20150802_290.jpg

20150802_294.jpg

20150802_301.jpg

20150802_307.jpg

20150802_331.jpg

20150802_333.jpg

20150802_337.jpg

20150802_357.jpg

20150802_366.jpg

20150802_387.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。