スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーツ 

カテゴリ:スキー

新宿のデパートでバーゲン商品買ったあと、ブーツを見に神田へ。

来シーズン、ブーツは買わないつもりだったんだけど…

いま使用しているのは2004年に買ったレグザムの「Z87」

初、中級者向けのいわゆるコンフォートタイプ。エヘヘ。

ふっかふかで暖かくて大好きだった。

でも、もうちょっとレベルアップしてもいいかな…と思い買うことにしました。

色々履いたけど、展示品に丁度良いサイズがなかったり等で結局決まらなかった。

一番の原因は優柔不断なんだけどね。

候補1は、テクニカの「Attiva PRO」

ディアブロレースをベースにしたレディスモデル。

フレックス100。こんなの履くのはまだ早いかな~と思いつつも色とデザインが良かったので候補に。

でも何度履いても痛い…。ボツかな。

あ、そうそう私のブーツ選び、第一条件は色とデザインです。怒られちゃうかな、デヘヘ。

候補2は、ATOMICの「RT FR100」

履いてみた感じはテクニカよりも良い感じ。イタクナーイ。

しかもカッチョイイ。

候補3は、サロモンファルコンXRとXT」

履いた感じもよかばってん。

赤と黒と青、全部イーネ。

候補4はHEADの「ウィメンズS9 ヒートフィット」

これは色で候補入り。でもちとダサイ。

決まらなかったので又行かなくちゃならんな。

その後は、F氏のブーツのチューンナップの為、神田を後に。

F氏はいつもの通りブーツ決めるのも即決。

チューンナップ楽しそうだな…イイナ…。

DSCF2264.jpg F氏のチューンナップを横で羨ましげに眺めておりました。

スポンサーサイト

圏央道 

カテゴリ:ドライブ・旅行・お出かけ

ちょっと朝から二日酔い…。(-_-)また昨日飲み過ぎた。

頭ガンガン。アホだ。

今日は入院している家族の面会。

病院の帰りに先日開通した圏央道を通ってきた。

家から中央道へ向かう道(又はその逆)は、とてもゴチャゴチャしていて時間がかかる。

この圏央道(八王子~あきる野間)が開通すれば、煩わしいゴチャゴチャから解放される?

だから、下見をかねて通ってみた。

20号を走り相模湖まで行き、中央高速に入る。

その後東京方面へと走らせ、八王子JCTで圏央道へ。

圏央道は、さすがに新しい道なので快適。

やたらトンネルが多かったが、日焼けが嫌いな私には有り難い。

トンネル数えてみたら9個だった。

トンネルの距離も一つ一つが長めな感じ。

壁はまだ綺麗。(あたり前)
「あ~これがあと何年かすればきちゃなくなるのか~」と、なんか残念。

八王子から青梅まで18分だった。(ちなみに私はいつも安全運転、速度80?~90?位です(*^_^*)抜かされることが快感だったりします。のろまですんません。)

皆さんの所要時間は、もちっと早いかもね。

しかし18分か…。

青梅で下りて家まで約20分あるから…およそ40分か。

これならいつも通り八王子で下りて市街地走って帰ってくるのと大差ないな…。

それなら、わざわざ1250円も払う事はないかな~。

むむむ…迷うな。

あまり期待した程、使えないかも、圏央道…。


なつかし 

カテゴリ:舞台、コンサート、音楽、ハマショー

最近の音楽はあんまり興味がない。

聴いても、なんの感動もおきない。(浜省は別)

邦楽、洋楽ともに昔の方がよかった気がする。(個人的に)

小学生の頃から、生意気に音楽ばかり聴いていた。

ブルーハーツとBOφWYが大好きだった(ちなみに浜省のファンになったのは18歳の時です)

姉ちゃんの影響で、洋楽やらハードロックやらヘビメタやらも聴いてた。(姉ちゃんはヘビメタバンドのボーカルだった)
もちろん邦楽も。

絶対に音楽関係の仕事がしたかったので、初めての就職は音楽の会社。

でも最近は「浜省」や「昔好きだった歌手・バンド」や「クラッシックやジャズ等歌の入ってないもの」以外の音楽に興味が出なくなってきてしまった。

何故だろう。老けたのか…。

このまま最近の音楽から離れるのも嫌だなぁと思い、CD屋に。

でもやっぱり最近の曲には興味が湧かない。

それならば、昔の音楽を聴こう。と思い手にしたのが「Best Hit 80'」

ベストヒット80’s Music ベストヒット80’s

アーティスト:オムニバス,フレディ・マーキュリー,a~ha,マドンナ,デュラン・デュラン,ヴァン・ヘイレン,フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド等
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

80年代に流行った洋楽ソングがズラリ。

2枚組で36曲。

数ある80年代ベストの中でも、これが一番選曲が良かった。

個人的には2枚目の方が好き。

最近は部屋でこればっか聴いてる。

懐かしくて最高で、胸キュンだ。

この前、草津に行ったときに車の中でかけていたら、「おー懐かしい!最高!」と皆喜んでくれた。

きっとこのブログを見ているあなたも、年代的に「ど真ん中」だと思いますよ。(^_-)

夜、車の窓を開け、心地よい風を感じて聴くのが一番のお薦め。(運転には注意)

是非、なつかしの80’に浸ってみては如何ですか?


顔チェキ 

カテゴリ:日記

最近、職場で「顔チェキ」という無料携帯サイトが流行ってます。

※利用可能なのは 「iモード」「EZweb」「Yahoo!ケータイ」です。

携帯カメラで撮影した自分の顔写真をメールで送ると、自分に似てる芸能人を3人教えてくれます。

顔認識技術を使ってんだって。

職場の皆の診断結果は「あー確かに似てる!」というのもあれば、「かすってもいねー」という結果まで色々です。

まぁ「信じるか信じないかはあなた次第」…ってどこかで聞いた台詞だな。

でも私は結構当たると思います。

私の結果は、結構納得いくものでしたよ。

女性版の3人中2人は以前「似てる」と言われたことのある人でしたから。

私の診断結果は…

女性版だと

久本雅美 59%
佐藤ゆかり(衆議院議員) 59%
はしのえみ 59%

男性版だと

田中圭 53%
滝沢秀明 53%
哀川 翔 52%    でした。

哀川アニキ…。どこがどう似てるのか教えてほすぃ。

タッキーもあり得ない。

田中圭って誰だ?(調べてみたら…う~ん微妙…って感じでした)

男性版は全滅だね。

久本雅美と、はしのえみは言われたことある。

自分でもマチャミに似てると思うことは多々あるし。

ゆかりたんは初めてだ。でも似てる…かな?

しょっちゅう言われる西田尚美が入ってなかったな。

皆さんはどうだろうね。

※ただし、この遊びは自分の顔写真を送るので個人情報が漏れるのが嫌な人はしない方がいいかもね。

私は別にそういうの気にならない人なのでやってます。


危なっかしい登山隊 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

DSCF2204.jpg 会社の友達と日帰り登山してきました。

一ヶ月前、友達から「山に連れてって」と言われて私は大喜び。

どこの山にしようかな~と考えるのも楽しい。

でも今回一緒に行くのは全くの初心者3名…

なるべく感動できる所に連れてってあげたい。
初歩的だけど高い山、景色が良く、雄大…そして日帰り可能。

私の頭の中の山ファイルがフル活動。
「おっ!ここがベストだ!」と、選んだのは一昨年登った本白根山。

ここを選んで正解でした~。
行程も往復3時間位で初心者でも難なく登頂できました。

朝、6時に立川を出発して登山開始が10時半。
ゆーっくり歩いて12時10分登頂。計画通り。

一人は4日前にぎっくり腰になっていたにも関わらず登り切った。

「延期しよう」という意見に「大丈夫!針も打ったし、気合いで治す!」と言い、本当に気合いで治してしまった。

少し痛みが出たようなので下りはストックを使ってもらった。

でも弱音を一度も吐かずに頑張った。スゴイ!

DSCF2190.jpg

しかも皆の為に朝早くおにぎりや卵焼き、がんも等を作ってきてくれた。

頂上で食べた焼きおにぎり最高だったな~。

DSCF2181.jpg

頂上からの展望、本白根の爆裂火口、草津白根の湯釜などに皆感動。

↑爆裂火口。

DSCF2222.jpg

天気は曇っていたが、時折晴れ間も出るなかなか良い天気。

そして帰りは、皆が一番楽しみにしていた草津温泉の「大滝の湯

DSCF2231.jpg

ゆーっくり浸かって汗を流してきました。

その後のんびり売店でお土産を見ていたら、大滝の湯のスタッフが笹餅をくれました。

DSCF2249.jpg

良い旅でした。

次はどこの山にしようかな。


空 

カテゴリ:日記

茨城県牛久のとある教会で、親戚のお葬式が行われた。

家から高速を使って2時間ジャスト。

思ったよりも早く着いた。

梅雨は過ぎ去ってしまったかのような空。

教会の窓から見える木漏れ日が、とても綺麗だった。


れでぃす 

カテゴリ:スキー

仕事帰りに神田へ。

山用具買うついでに、注文したウェアやヘルメットを再度チェックしに行った。

ウェアの保温性は大丈夫のようだ。

まぁ、寒ければインナーをメチャメチャ暖かいのにすれば良いか。

ヘルメットはGIROUVEXSWANSなどを試着してきた。

GIROが第一候補だったのだけどゴーグル付けてかぶってみたら、
鼻まで隠れてしまった。

これじゃ、息できんよ。フガフガ。

ということでボツ。

UVEX、SWANSの方が良かった感じ。

※なむらさん、どこの使用してますか?

ほんで、いつも気になっていることがあるのですが…

山用品もスキー用品もレディスって良いの無い…。

花柄とか淡い色とか。

全ての女性が、そういった好みでは無いということも考慮してくれんかのぉ。

だからいつもメンズを買ってしまう。

私の好みはだいたいメンズにしかない。

メンズのサイズ展開を幅広くしてくれると嬉しいのだが。
SSとかSSSとかー。

ヘルメットまで花柄だったよ…。

オイラそんなラブリーな物は使えません。

レディスでも龍とかドクロとかカッチョイイの作ってくれんかね。


カスタムフェアin五反田 

カテゴリ:スキー

DVC00004.jpg 今年もカスタムフェアに行ってきた。

前々回と前回は品川だったけど、今回は五反田。

こっちの方が広かったかな…?

大きさ的には変わらないような気がするが、展示メーカーが前より少なかったからか、いつもより空いてた感じ。

最近、頭の中からスキーが消えていたので、なんか久々。

来シーズンはウェアを新調するんですよ。

newモデルを買うなんて初めてだよ。

いつも旧モデルだったから…貧乏だから…。

欲しい色はもう決まっていたので、各メーカーのウェアを見比べる。

結局オンヨネにしました。

あんまりオンヨネって好きでは無いのだけど、欲しい色がオンヨネにしか無かった…

また暗い色にしちゃったよ…。

どうも派手な色は好みじゃないんだよね~。

根暗だしね。

でも真っ黒クロスケは卒業だよ。

前に着てた黒のデサントは足の丈が短くて、ツンツルテンで格好悪かったけど

今度のはちゃんとしてるよ。

F氏曰く、「良かったね!このウェアは誰も着てないと思うよ。誰ともかぶらないよ」だって。

要するにダサイって事か。

自分は気に入ってますが…確かにダサイね…。

いいんです、自分が良ければ。

DVC00002.jpg ヘルメットも沢山試着したのだが、これは結局決まらなかった。

優柔不断だから。

F氏もウェア注文してた。こちらは即決。メーカーはフェニックス。

商品は12月に取りに行くのだが…。 うぅ…忘れた頃に支払いがやってくるのか…。


手作りパン 

カテゴリ:日記

Dscf2154_1

朝、出勤したらデスクの上に何やら紙袋が…

後ろの方で同僚がニヤニヤしている…

中を開けてみると…

「うぉー!パムっ!」


職場の同僚が焼いて持ってきてくれたのだ。

ううぅぅっ…感激。

家に帰って早速食べてみた。

う、美味い…。

「いつか自分でパン屋を開きたいんだ」と同僚は恥ずかしそうに言う。

そんなあなたは本当に素敵だ。


再始動… 

カテゴリ:グルメ、飲み会

勤務終了後、午後8時5分。会社のロッカー室での本日の会話。

( )は私の心の声です。

私:「アイヤー今日も疲れたなー。帰るぞ帰るぞ。"ヽ(´▽`)ノ"ランラン」
  (帰ってブートキャンプと昨日買った本(地質)読むぞ(〃∀〃)ワクワク)

今日からブートキャンプ再始動する気であります。やっと気合いが入ったのだ。

お姉様達:「○○子、今日何か用ある?」

私:( ̄△ ̄;)ドキッ…。「いや…これといって…モゴモゴ…」
  (ブートキャンプと読書があります…)

お姉様達:「決定~。行くよ~。」

私:「えっ…何処に。(゜◇゜;)」

お姉様達:「もちろん飲みに。」

私:(あっ。( ̄◇ ̄;)ヤッパピ…。)

私:(ま…いっかぁ、明日から再開すれば。)意志弱…。

私:「よし!飲むぞー!」

そして6人のお姉様達と宴の世界へ…。

"( ^0^)/q旦☆旦p\(^0^ )"クワァンパーイ

ゴクゴク、プハー。ウメー。

さらば本日のブートキャンプ。

今日もまた不健康な一日を過ごしてしまいました。

明日から再始動します。


不思議な温泉 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

今回宿泊した宿は鹿塩温泉「山塩館

DSCF2102.jpg

未だ解明されていない出所不明な塩水が湧く温泉です。

詳しくはこちらを→「謎の鹿塩温泉

DSCF2107.jpg

温泉は海水と同じくらいの塩分濃度でとてもしょっぱい。源泉を飲むことができるのですが、飲み過ぎは塩分の摂りすぎになりますので、なめる程度にしときました。

DSCF2106.jpg

この温泉は婦人病に効くという事なので、漬け物になるくらい長時間浸ってきました。

良くなったかは不明。

こちらのお宿では、製塩も行っていて料理などにお塩を使っています。

DSCF2108.jpg

地場産品直売所の「塩の里」で不思議な塩を購入できます。

お土産に買ってみました。家でおにぎりに使お。

DSCF2147.jpg

帰りはまた構造線を通って分杭峠を越えました。

その後はちょっと道を変え、長い長い林道を走り続け入笠山に寄ってきました。

駐車場から30分で頂上に行けるようなので、登山靴に履き替えてサクッと登ってきました。

30分もかからず、あっといまの15分で登頂しましたよ。楽々登山。いつもこうならいいのにね…。

DSCF2129.jpg

山頂からは360度の展望で、晴れていれば3つのアルプスと八ヶ岳連峰の眺めが素晴らしいようなのですが…今日は残念ながらてっぺんだけ雲に隠れていて雄姿を拝むことはできませんでした~。でも八ヶ岳山麓の景色は雄大でした~。

DSCF2134.jpg

また、晴れの日狙って来よ。


ついに… 

カテゴリ:地質、岩石、気象

行ってきました!憧れの地へ。
長野県下伊那郡の「大鹿村」へ!

ずーーーーっと通ってみたかった国道152号。

地図や衛星画像で見ると、山が綺麗な一直線になっているとこです。

そう、ここは「中央構造線」が走っている大断層地帯です!

400px-Tectonic_map_of_southwest_Japan.png ←「中央構造線」とは関東地方から九州まで続く有名な大断層(赤線)(詳しくはここを参照)

大鹿村では中央構造線の露頭を多数見ることが出来ます(スバラシイ)

DSCF2120_c.jpg ←大鹿村の構造線地図を握りしめ、沢山露頭見学してきましたよ。

DSCF2013_c.jpg ←「溝口露頭」:美和湖に突き出た半島で見られる露頭。

DSCF2015_c.jpg ←溝口露頭から見える分杭峠(中央の山の凹んだ部分)ここに向かって構造線が延びてる。

DSCF2021_c.jpg DSCF2020_c.jpg ←分杭峠にある「ゼロ磁場」:両側から押し合う力(+と-)で断層上は「ゼロ」になるといった事らしい…。そんでこのゼロ磁場の真上で願い事をすると叶うって…怪しい…。行ってみたらなんか人が沢山いた…。どこか宗教ちっくなものを感じて早々と退散…。コンパス持って行ったら面白かったかもね。

DSCF2037_c.jpg DSCF2029_c.jpg

←「北川露頭」:解説版にある写真とだいぶ違うが同じ所に立ってみた。

断層をまたぐ↑右足が外帯、左足が内帯!感動の一瞬。

DSCF2033_c.jpg

北川露頭を下から見るとこんな感じ。

DSCF2042_c.jpg

←「大西公園」:昭和36年に大崩壊した山腹。犠牲者供養の観音様が建立されてる。崩壊した山腹の灰色部分がマイロナイト

DSCF2054_c.jpg ←「安康露頭」:昨年7月の豪雨で大半が見られなくなってしまった…。でも博物館の学芸員さんが「修復するって言ってたな。」

DSCF2084_c.jpg 今回の目玉。「中央構造線博物館

ここは中央構造線のほぼ真上に建っている。外には岩石園があり175点の岩石が並ぶ。

岩石は実際の地質配列に合わせて配置されており、構造線の両側が全く違う岩石なのでおもろいよ。

館内には露頭のはぎ取り標本、岩石標本、地形地質模型などがあり「地質好き」には天国のようなとこ。

しかも今回は見学者が少なかったのもあって、学芸員さんが付きっきりで色々と解説してくれたー♪最高の贅沢。

私の素人質問にも優しく、そして詳しく解説してくれる。

学芸員さんの知識量は半端じゃない!凄すぎる。

今まで知らなかった事が沢山聞けて本当に楽しかった。

他にも色々聞いてみたい事があったけど…こんなに聞いたら悪いよなぁと思って聞けなかった。

HPの掲示板でも質問できるみたいだから、してみよっかな。

地質学は奥が深い。だから面白い。

もっともっと知りたくなった。

博物館の裏には国土地理院のGPS電子基準点が設置されている。

24時間に一度基準点間の距離を測っているんだって。

大鹿村と世田谷(東京)の基準点の距離は1年間にちょっとづつ短縮してるんだって。

ちょっとといわず、もっと早く短縮して、うちの隣に博物館来てくんないかな。

そしたら毎日、学芸員さんに会いに行くよ。

本日は不思議な不思議な、塩の温泉に泊まりますよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。