スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨石の山 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

今日は電車とバスを使って、前から気になってた山へGO。
DSCF6322.jpg

ガイドには、
-----------------------------------------------------------
『第三紀地層の礫岩が全山に分布する楽しいルート。
巨大な奇岩怪石を見ながら顕鏡寺を経て山頂へ。
さらに、尾根づたいに歩いて大明神展望台。
ここからも丹沢や富士山、南アルプス、高尾や相模湖などが一望できます。』
----【相模原市観光協会HPより引用】-----------------------------

なんて書いてあって、かなり興味をそそられる。(*^。^*)

"巨大な奇岩怪石を見ながら" だなんて・・・

なんて魅力的なルートなんだ!


この山は丹沢の衝突により海底が隆起してできたので、礫岩で構成されてる。

地球のロマンに浸ってくるぜ。


ウキウキワクワクでバス降りる。

バス停から登山口へは、しばらく一般道。

DSCF6325.jpg


しかし、今日は半端なく暑い。

アスファルトの照り返しで焼けそうだ。

汗がダラダラ。

照り返しギンギラ。

登山口に着くまでに干からびたらどうしよう。


15分ほど歩いて、ようやく登山道に入る。

おー、さっそくデカイ岩の展覧会が始まっとる。
DSCF6340.jpg
なになに。ふむふむ。

仁王岩だそうだ。

こんな感じで、すべての岩に説明書きある。
DSCF6342.jpg

確かに楽しい。

だがしかし。

飛ぶ虫がうじゃうじゃいて、観察どころではないっ。

ハチやら蚊やらブヨやら、刺しそうなやつらがブンブンブンブン・・・エンドレス。

ゆっくり観察したいのに奴らから逃げるためにかなりの早足(-_-;))))スタコラサッサ

時季を誤ったか・・・。



登山道の途中、顕鏡寺というお寺を通る。

蛇木杉
DSCF6349.jpg

顕鏡寺
DSCF6350.jpg

岩窟
DSCF6354.jpg
霊験あらたかな岩なのだが、

クリボーに見えてしかたがなかった。(マリオの)
DSCF6355.jpg


途中、桜山展望コースと八方岩コースに分かれるのだが(途中で合流する)

桜山コースは岩がないっぽい。

迷わず八方岩コースを選択。
DSCF6363.jpg
八方岩でけー!

DSCF6364.jpg
「八方が見えるというが東南方向が見えるだけである」

って、それは言わない約束。(・∀・)

確かに東南方向だけだわさ。
DSCF6366.jpg
でも高層ビル群もよく見えて、良い景色。


虫たちの襲撃を受けながらも、ようやく登頂。
DSCF6379.jpg
あー、疲れた。

腕が。(虫を追い払うので)


あっ!
DSCF6385.jpg

富士山~
DSCF6387.jpg

お隣は丹沢さん。
DSCF6394.jpg

先週登った蛭ちゃんも見えた(^◇^)
DSCF6396.jpg

15分ほど山頂で休憩し、下山開始。
DSCF6404.jpg

下山は違うルートで、大明神展望台経由。

秋が落っこちてた。
DSCF6408.jpg
マリモではない。


アップダウンを繰り返して、大明神展望台に到着。
DSCF6409.jpg

なんだ、山頂よりこっちの方が展望がいいんだ。(^_^;)
DSCF6410.jpg
富士山も見えるし。

丹沢も見えるし。
DSCF6411.jpg
あの山たちの衝突で、この山がある。

おもしろいなー。

相模湖の後ろには、先日登った景信さん、陣馬さん、高尾さんが見える。
DSCF6413.jpg
今度、あそこを縦走してみたいな。

景信の下には中央高速。
DSCF6415.jpg
下り方向が渋滞でのろのろ進んでるのが見えた。


遠くにうっすら南アルプスとか。
DSCF6421.jpg
こんなに展望がよいとは思わなかった。

バス停からすぐで、こんな素晴らしい展望が得られるなんて凄いなー。

お、やっと今日の山も見えた。
DSCF6428.jpg
今日はあのピークに行きました。

DSCF6434.jpg

この山は苔むしてて、なんか屋久島っぽい(^◇^)
DSCF6438.jpg

しかしジメジメ樹林帯だからか、相変わらず虫が多い(-_-)

DSCF6447.jpg
うんうん、そうね。その通り。


展望台から30分で登山道は終わり、車道になる。
DSCF6454.jpg
ギンギラギンの道をバス停までひたすらてくてく。

干からびる。


駅のホーム。
DSCF6457.jpg
さっき上から見た高速道路を今度は下から見た。


登りのバス停から、下りのバス停までの行程はぴったり3時間。

虫はいっぱいだったけど、良い山でした。
スポンサーサイト

お台場 

カテゴリ:日記








搬入なう。

どつき 

カテゴリ:日記


セレブな度付きサングラスを注文したなう


こりで遠くの山もばっちり丸見え!(◎∀◎)

70/100 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

小さい頃から、いつも眺めていた山へ。


近いから、「いつでも行けるだろう」と思っちゃって、

後回しにしてた山。

百名山の70座目はここにしてみた。


今回登ってみて初めて知った。

「こんな良い山だったんだ。」




午前5:35

登山口出発。

駐車場から舗装道をしばらく歩くと登山口に出る。
DSCF6311_c.jpg
登山口には、モノレールの軌道が。

どこまで続くのか興味津津。


うちの地元はモノレールの早期実現を大昔から訴え続け、

いまだ実現していないので、うらやましい限りである(笑)



登山道に入ってから尾根に出るまでは、かなりの急登が続く。
DSCF6214.jpg

1時間で尾根に到着。
DSCF6219.jpg
ここからしばらくは、なだらかな尾根歩き。

途中、東海自然歩道最高地点で小休止。
DSCF6224.jpg

「東海自然歩道1,343kmのうちでも最高地点(標高1,433m)の場所です」と書いてある。
DSCF6222.jpg

というか東海自然歩道って1,343kmもあるんだ。



姫次に着くと、目の前にドカーンと富士山が現れた!
DSCF6225.jpg

これから向かう山頂へは、あと3.2km。
DSCF6228.jpg

あのテッペンを目指す。
DSCF6230.jpg

テッペンの山小屋が見えた。
DSCF6232.jpg
丹沢山地の最高峰であり、神奈川県の最高峰でもある。


登山道は結構広め。
DSCF6219_20120820222111.jpg

設置されて間もないのか、とても綺麗な階段が多かった。
DSCF6238.jpg


ここは登山道に土嚢袋などが埋められていたり、丸太を階段にしてくれていたり、

かなり歩きやすく整備してくれている。
DSCF6239.jpg

植生を守るために、木道が設置されている箇所もあった。

DSCF6242.jpg

アップダウンが続く。
DSCF6244.jpg

山頂まで○○kmとか、所々に表示されているので、
あとどれくらいかが、判りやすい。
DSCF6246.jpg

しかし、歩いても歩いても、ずっと0.4kmという表示が3回続いた事も(^_^;)
DSCF6248_20120820233544.jpg


もしやこれは!

とか思ってたら、ようやく0.2kmの表示に変わったので、

どうやらタヌキやキツネちゃんの仕業ではなかったらしい。
DSCF6250.jpg
この山は、紅葉が綺麗そうだなー。

花も綺麗だった。
DSCF6254.jpg

名前は知らない。
DSCF6256.jpg


そして、ついに・・・
DSCF6260.jpg

午前9:05 

到着ー。

所要時間は、ぴったし3時間半。
DSCF6262.jpg
百分の七十

都心方面や海も見えた。
DSCF6265.jpg

雲がじゃまして見えないが、おそらく地元はこっちの方角かな。
DSCF6283_convert_20120820225949.jpg

40分ほど、山頂で休憩&食事。

今きた道を下ります。
DSCF6286.jpg

姫次でモノレールの軌道が出てきたけど、結局どこに繋がっていたかは解らなかった。
DSCF6292.jpg
地元じゃない事だけは確かだ(・∀・)オッペケペー

姫次からしばらくは尾根沿いの緩やかな道。
DSCF6293.jpg

分岐を過ぎると急坂になる。
DSCF6294_c.jpg
滑りやすくて下りるのが大変だった。

沢が出てくるとゴールもすぐそこ。
DSCF6300_c.jpg

橋を渡って、
DSCF6303_c.jpg

舗装道まで戻ってきました。
DSCF6309_c.jpg
地元にはないモノレールの駅。


ここから駐車場までは、舗装道をひたすら。
DSCF6313_c.jpg

そして家に到着し、

窓の外に見えるこの山をしみじみと眺めました。

以前より愛着がわくなー(^◇^)

DSCF6321_c.jpg

結構がんばった(*^。^*)

祭り再び 

カテゴリ:日記

新参者なので、町を知ろうと、近所の祭りに行ってみた。

DSCF6127.jpg

神輿もやってた。
DSCF6178.jpg


祭りといったら、やっぱこれでしょ。
DSCF6131.jpg

うまそう。
DSCF6128.jpg

作り置きが置いてあるのに、なぜか焼きたてをくれた。
DSCF6130.jpg

焼きそばは、紅ショウガ抜きをお願いしたら、焼きたてをくれた。
DSCF6134.jpg

紅ショウガの代わりに青のりを大量にかけてくれた(^◇^)
DSCF6135.jpg
おかげで、歯が青のりだらけに(笑)

麦茶は無料だった。
DSCF6123.jpg


ここは良い町だわ。(単純)

SAなう 

カテゴリ:日記


ここはお盆なのに空いてるな(゜_゜)

カゲノブ 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

前から気になってたカックイイ名前の山に登ってきた。

下見第二弾。


入口は、なんだかオドロオドロしかったけど、
DSCF6030_20120806204344.jpg

登山道はよく整備されてた。
DSCF6032.jpg
道標も立派。

山頂下にはトイレもあり。
DSCF6033.jpg

休憩スペースも大量にあり。
DSCF6067_20120806205939.jpg

テーブルとベンチがワラワラ。
DSCF6039.jpg

山頂はほとんどがテーブルとベンチに浸食されてた。

茶屋もあるし、混むんだろうなー(^_^;)
DSCF6054.jpg
まだやってない。

早く出てきてよかった(^◇^)


山頂からの眺望はさいこー。
DSCF6042.jpg

富士山~
DSCF6041_20120806204346.jpg

都心方面もばっちり。
DSCF6055.jpg

朝日がまぶちー。

というか、眩しすぎて景色が見えん。


でも房総半島か三浦半島どっちかが見えた。(^◇^)

こりは八王子だな。
DSCF6058.jpg

本日のお山は、戦国武将みたいなカックイイ名前。
DSCF6063.jpg

では、そろそろ下がりますか。

下山は小仏峠経由で。
DSCF6072.jpg

渋滞で有名な小仏トンネルの上を通るよ。
DSCF6076.jpg


先日のジンバさんと一緒で、キャタピラが通るので道が広い。
DSCF6074_20120806214518.jpg

こちらのルートは滑りやすい道なので、下りに使う場合は注意。
DSCF6078.jpg

眼下には中央道。
DSCF6079.jpg

DSCF6081.jpg

小仏峠のタヌキさん。
DSCF6086.jpg

ジンバとは違って、人力でキャタピラを押してた。
DSCF6089.jpg
すげー。

うわー、これは普通に登るより大変そうだ。
DSCF6091.jpg

そろそろラスト。
DSCF6093.jpg

どんどん高速道路の音がでかくなってくる(^_^;)


車の停めてある小仏駐車場に到着ー。
DSCF6099.jpg

スタート地点とゴール地点は一緒。

ぐるっと一周。

応援 

カテゴリ:日記

某県某所にて。

オリンピックの応援に参加してきた。

生放送の試合を見ながら、皆でメガホン持って応援。

フレッフレッ!(^◇^)/(^◇^)/(^◇^)/イケー!

DSCF6102.jpg

祭りなう 

カテゴリ:日記




何年ぶりだろ

バス 

カテゴリ:日記


久しぶりに飲み会。


最終バスには間に合ったo(^-^)o


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。