スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体力強化発揮の旅4日目 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

5:25 登山口出発

まだ真っ暗な中、トロッコの線路上をヘッドライトの明かりで歩く。

トンネルは人が通るとセンサーで明かりがつく。
DSCF3016.jpg
いい感じ。

ネズミーランドのアトラクションみたい。
DSCF3017.jpg

シュシュポポ。
DSCF3022.jpg
ライトだけが見えるので、本当に汽車が来たような感じ。

暗闇の中、いくつか橋を渡った。

どうなってるのか解らなくてスリル満点。


少し明るくなってきた。
DSCF3061.jpg

おー、橋はこうなっていたのか。
DSCF3074_20111015152708.jpg

延々と続くトロッコ道。
DSCF3108.jpg

しばらく行くと、右手に仁王杉が現れる。
DSCF3117.jpg
思った以上にデカくて感動。

ここら辺の杉は、みな大きい!


シカちゃんが途中、道案内してくれた。
DSCF3122_20111015152909.jpg
でもひたすらトロッコ道を歩くから、迷う事はなさそうだ。

木の間から翁岳が見えた。
DSCF3129.jpg
一昨日はあそこら辺を歩いていたんだなー

線路は続くよどこまでもー。
DSCF3134.jpg

7:40 トロッコ道終点、大株歩道入口着
DSCF3135.jpg


ここでトイレ休憩。

結構、綺麗だった。

ありがたいね。


7:47 出発


ここからが、この旅のクライマックス。

DSCF3137.jpg

本格的な登山道となり、急登が続く。

DSCF3140.jpg


8:02 ウィルソン株 着

DSCF3144.jpg
ウィルソンの中へ入らせて頂く。

切り株の中は10畳ほどの空間があり小さな祠が祀られている。
DSCF3525.jpg
清水も湧き出ていて、とても神秘的なところ。

ここは切り株の中で空を見上げると、ハート型に見える事で有名。

でも、いざ切り株の中に入ってみるとハート型には見えない・・・。

ぐるぐる周ってようやくハート型に見えるスポットを発見!

DSCF3522.jpg
メチャクチャ嬉しかった。

自分で見つけられるととても嬉しいので、下調べ無しで行くことをお勧めします。


ウィルソンから先はよく整備されていて、階段が多いのでかなり疲れる。

この3日間の登山で、この階段の登りが一番疲れたかも(~_~;)


縄文杉が発見されるまでは屋久杉の中で最大級と言われてた大王杉。
DSCF3530.jpg
あまりの大きさに、ちと鳥肌が立った。

夫婦杉
DSCF3535.jpg
くっついてる!


途中、下山してくる人とすれ違った。

なんかどこかで見た事のある・・・

なんと!一昨日宮之浦登山の時に、

下山後の淀川駐車場でお話した平塚のお二人だった。

小屋泊り2泊で縦走して降りてきたらしい。

お二人によると、私達が今日すれ違った人の2番手と3番手らしい。


そうなのだ。

今日は登山行き満員のバスに乗ってきたのだが、

バスの乗客と一緒に歩きたくなくて、ちょっぱやで支度し、

一番手で登山口を出発した。

でも途中、一人の若いお兄ちゃんに抜かされたので、私達が2番手3番手なのだ(*^。^*)

早く出発したおかげで、道中人がいなくて快適だった。


おじちゃん達と別れの挨拶をして、再び歩き出す。

きつい登りが続く。


縄文杉。

簡単には姿を見せてくれないところがイイね。



そしてついに

この階段を上がると・・・
DSCF3537_20111015153740.jpg


9:10 縄文杉



誰もいない静寂の中

薄暗い靄の中から浮かび上がる荘厳な姿
DSCF3543.jpg
縄文杉は無言でそこに立っていた。


周りの空気がなんだか違う感じ。


しばし見入ってしまった・・・


DSCF3554.jpg
縄文杉のすぐ横で水が湧きだしていたので頂いてきた。

DSCF3556.jpg
縄文水、美味っ。


9:23 下山開始

おさるの会議場(byなむ)
DSCF3557.jpg
上手い事言うなー。

ホントにおさるの会議場みたい(^.^)

辛かった階段も、下りは楽だった。
DSCF3558_20111015154025.jpg

脚を鍛えた成果か、はたまた新しいサポーターのおかげか、

下りで膝が痛む事もなかった(#^.^#)ヨカッタ!


倒れちゃった翁杉。
DSCF3560.jpg
倒れても立派だなー。


そして再びトロッコ道
DSCF3567_20111015154432.jpg


鉄道ファン必見。
DSCF3563.jpg
スイッチバック


途中、立派なトイレもあるよ。
DSCF3571.jpg

小杉谷小・中学校跡
DSCF3234.jpg

昔、ここに集落があったんだって!
DSCF3235.jpg

小杉谷橋
DSCF3240.jpg

分岐
DSCF3244.jpg


ひたすら線路線路
DSCF3245.jpg

これでもかってくらい線路
DSCF3261.jpg


スリル満点、キョワイ橋とかもあったり。
DSCF3262.jpg

落ちたら痛いよ。
DSCF3264.jpg

朝通ってきた時は暗くて見えなかったので、余計怖かった。
DSCF3265.jpg

橋の上からの景色。
DSCF3267.jpg
素敵だけど、落ちたら痛そうだね。


もうすぐ終点
DSCF3273.jpg

壊れたトロッコが。
DSCF3280.jpg

お、ネズミーランドのトンネルに来たという事は、

あと少しだー。
DSCF3284.jpg

12:43 登山口着
DSCF3290.jpg
バンザーイ!

歩行時間 6時間40分

休憩時間 38分

所要時間 7時間18分


これで今回の旅の登山は終わり。

おつかれー!


しかし・・・最初のバスが14時発なので1時間15分ほど待つことに(~_~;)


待合室でパンを食べながら縄文水をグビグビ。

うまー!
DSCF3291.jpg
けっして、いろはすではない。

DSCF3295.jpg

募金したら記念品をくれたよ(^O^)
DSCF3298.jpg


無事宿に到着。
DSCF3304.jpg
綺麗な蝶が飛んでたけど、何かは解らない。

宿の庭に咲いてた花。
DSCF3340.jpg
ハイビスカス?

こちらも何かは解らない。

宿の目の前は海。
DSCF3342.jpg

夕食は近くのおされなお店で。
DSCF3352.jpg

DSCF3355.jpg

水、塩、野菜、全てやくしま産を使った料理。
DSCF3362.jpg

DSCF3363.jpg

DSCF3364.jpg

3日間頑張ったので、ちと奮発!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。