FC2ブログ

寸又峡 

カテゴリ:ドライブ・旅行・お出かけ

宿に荷物を預け寸又峡を散策。

DSCF0315.jpg

 
名物の「夢の吊り橋」は本当に良かった。 
「バスクリンかっ!」と思うほど綺麗なエメラルドグリーンの水面上に 
長さ90m、高さ8mの吊り橋がかかる。

DSCF0292.jpg

 
11人以上では渡ってはいけない吊り橋で、歩くたびにゆらゆら。 
足下にはエメラルドグリーンの水面が美しい。 
一人で渡るときは自分による揺れだけなので怖くないが、二人で渡る時は足並みを揃えないと揺れについて行けず怖い思いをする(私達以外誰もいなかったので、何度も行ったり来たりできた)

 
DSCF0300.jpg

でも高所恐怖症の人は絶対に無理だと思います。 
個人的には四国の「祖谷のかずら橋」の方が怖かったかな。 
 
バスで千頭に戻り、電車を待つ。 
大井川鐵道はSL以外にも色々な電車があります。 
それぞれが、昔他の地域で活躍していた電車達です。 
帰路に私達が乗車したのは、昭和30年代、高野山を駆け抜けていた南海電鉄の「21001系」これもレトロで良い!冷房はあまり効かなくて暑かったが 
昭和を感じさせる内装と外観は貴重だ。(写真1:一番右の緑の電車) 
背もたれがスライドする形式で席を回転させなくても4人用のボックス席が出来る。なかなか良いアイデアだと思った。 
 
大井川沿いを走り金谷に到着。 
あとは新幹線で東京へ。 
今回の旅で感じたことは、新幹線って、とっても涼しいって事。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)