スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山、燃ゆる 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

(※画像多いです。スミマセン…)

最近、けっこう山行ってるから体力がついてきたかも。
んじゃ、体力あるうちに、あそこに行っちゃうか。

と、いうことで平ヶ岳へ向かう。

ここは山小屋がないので、テント泊で行くか日帰りで行くかになる。

日帰りだと、かなりのロングコースを1日で踏破しなければならない。

登山口から山頂までは10.5kmなので、往復21km。

登山口に表示してあったコースタイムは、
上り6時間半、下り4時間半の計11時間。

旺○社のコースタイムだと、
上り6時間半、下り約5時間10分の計11時間40分。

若干、差ははあるがどっちにしろ長いや。



5:43 鷹ノ巣駐車場発

日の出より少し前に登り始める。
PA200001_121020_054351.jpg

樹林帯を歩き、しばらくするとヤセ尾根の急登になる。

途中、ハチの巣を避けるための迂回路が作られていた。

ハチを刺激しないよう、鈴などの音を鳴らさないよう歩いてください、
との注意書きがあった。



日の出が燧ケ岳を照らし始める。
PA200009_121020_060817.jpg

辺りが明るくなり、ヤセ尾根がかなり先まで続いているのが見える。
PA200023_121020_061455.jpg

両側が切れ落ちている道が続く。
PA200025_121020_061516.jpg
しかし、あまりにも紅葉が綺麗なので、
景色ばかり見すぎて注意力散漫になってしまう。


ロープ場などもある。
PA200026_121020_061653.jpg
上りは比較的楽に登れるが、砂礫まじりの道なので、
下りは滑って、かなり危なそうだ。

PA200034_121020_062022.jpg
山に日が差してきた。

通ってきたヤセ尾根を振り返ってみる。
PA200038_121020_062420.jpg
きれいー。


そして、山全体に日が差してきて、全てが赤く黄色く、燃えだした。
PA200041_121020_062527.jpg
すごい・・・・。

PA200059_121020_064041.jpg

あまりの美しさに感嘆の言葉しか出ない。

PA200072_121020_070947.jpg

もう、とにかくこの世のものとは思えない。

PA200073_121020_071011.jpg
向こう側の斜面も綺麗。

また振り返る。
PA200074_121020_071355.jpg
360度、赤と黄色とたまに緑の世界。

これから歩く尾根、なぜか通る道に沿って緑になってる。
PA200081_121020_073657.jpg
右奥に頭を出しているのが、これから向かう平ヶ岳。

遠い・・・。

燧ケ岳の方が近くに見えるような気が。(^_^;)
PA200117_121020_081210.jpg
左に国道352号と、朝日に輝く沢が見える。

帰りはあの道を車で通るのだな。


どこもかしこも真っ赤っか。
PA200100_121020_075841.jpg

赤酔いしてきた・・・。
PA200102_121020_080029.jpg

日陰になると、まだ葉っぱも凍ってる。
PA200108_121020_080509.jpg
所々、霜柱をサクサクしながら歩く。

なんだか赤ばかりなので、同じような写真になっちゃうな(^_^;)
PA200119_121020_081317.jpg

しかし、どこを見ても美しい。
PA200123_121020_081608.jpg


8:20 台倉山

PA200129_121020_082053.jpg


お!あれは!
PA200127_121020_081735.jpg

やっと平ヶ岳が見えてきた。


台倉山から山頂までは、3時間くらいのようだ。

うーん、結構進んだ気がしたが、まだそんなにあるのか・・・。


8:32 台倉清水


木道は凍っているので滑りやすい。
PA200138_121020_085126.jpg
紅葉に気を取られて、何度か転びそうになった。エヘヘ。


9:08 白沢清水


徐々に、赤から緑に。
PA200151_121020_093017.jpg

緑の中の赤は、一段と綺麗だね。
PA200157_121020_094011.jpg

しばし、気持ちのよい笹の道が続く。
PA200161_121020_094647.jpg

かなりの急登でヒーコラ。
PA200165_121020_095225.jpg

右のピークから左の稜線へ進むと山頂がある。
PA200173_121020_095531.jpg

あれが平ヶ岳。
PA200194_121020_101008.jpg
あと、もう少しだー。


後ろを振り返ると、今通ってきた道が笹の中にくっきり見える。
PA200179_121020_100055.jpg
お隣の燧ケ岳は、ずっと見える。

しかし、通ってきたヤセ尾根は見えない。
ヤセ尾根からここまで長かったもんなー。

そして、最後の急登を登りきってしばらく行くと・・・。
PA200186_121020_100357.jpg

いきなり目の前に別世界が。
PA200198_121020_101345.jpg

10:13 姫池

まさに紺碧!!
PA200202_121020_101422.jpg

天国か!?
PA200207_121020_101538.jpg

池塘越しに平ヶ岳。
PA200203_121020_101442.jpg

なんて素晴らしいんだ!平ヶ岳ってば!
PA200215_121020_101658.jpg

もう、朝から興奮しっぱなしで鼻血が出そうだよ。

では、平ヶ岳のピークへ向かいます。
PA200213_121020_101637.jpg

山頂一帯は、緩やか。
PA200226_121020_103706.jpg


10:40 平ヶ岳山頂(三角点)

百名山、74座目。
PA200230_121020_104143.jpg
ここまで4時間57分。

景色が綺麗で興奮していたからか、あまり疲れもない。
(しかし、この後下山で泣きを見ることになる)


左に燧ケ岳、右に日光白根山。
PA200236_121020_104247.jpg


もうちょっと進んだところに、最高点があるので行ってみる。
PA200239_121020_104533.jpg


行き止まり。
PA200257_121020_110242.jpg

ここら辺が最高点かな?

ここは360度の大展望。


頂上はなぜ広くて平らか。
PA200243_121020_104650.jpg

ここの池塘も美しかった。
PA200246_121020_104739.jpg
池塘越し、右奥に越後三山。

なんじゃこりゃ?
PA200253_121020_105639.jpg

どうやらレーザーの積雪計らしい。
PA200255_121020_105653.jpg
かっくいー!

左に至仏山と、中央に武尊山。
PA200258_121020_110305.jpg

たぶん会津駒ヶ岳。
PA200262_121020_110718.jpg

山頂で食事して、下山開始。


11:05 下山

さっきの道を戻ります。
PA200263_121020_110815.jpg

っと、その前にちょっと寄り道。
PA200267_121020_112003.jpg

平ヶ岳に来たら、誰もが見に行く、たまご石へ。
PA200273_121020_112550.jpg

結構アップダウンがあってキツイ・・・。


でも木道が整備されていて歩きやすい。
PA200288_121020_113649.jpg

11:37 たまご石

たまご石。
PA200294_121020_114032.jpg
遠くを眺めてる子供の後頭部のように見えてかわいい。

PA200296_121020_114048.jpg
風化して危険なので近寄らないでねと書いてあった。


先日登った巻機山(奥)が見える。
PA200303_121020_114248.jpg


では、本ルートへと戻ります。
PA200305_121020_114307.jpg

平らな笹尾根を過ぎると、
PA200321_121020_115526.jpg

さきほどの姫池に到着。
PA200343_121020_120850.jpg
名残惜しいので、ここでちょっと休憩。

12:11 姫池出発

ここから本格的な下りに。
PA200360_121020_121429.jpg

紅葉撮影のため、何度も足を止めてしまう。
PA200380_121020_121924.jpg

赤、緑、黄のパッチワーク。
PA200422_121020_124014.jpg

笹尾根を過ぎると樹林帯に入る。
PA200399_121020_122311.jpg

13:09 白沢清水

赤、緑、黄。
PA200445_121020_131337.jpg
信号色の共演。


13:40 台倉清水


ここから再び赤の世界へ。
PA200490_121020_140049.jpg


燧ケ岳の崩壊壁が見える。
PA200482_121020_135532.jpg

今日は一日中、ヘリが飛んでた。
伊南川100kmウルトラ遠足の中継かな?
PA200507_121020_140332.jpg
空青いなー。

山は黄色く、
PA200526_121020_140849.jpg

そして赤く燃えている。
PA200559_121020_141905.jpg

ズームアップ!
PA200558_121020_141849.jpg
いたいた(笑)

今回は、かなり離れた所から相方を撮影する事が多かった為、
互いに待ち時間も多かった。

これがタイムオーバーの原因か(笑)

一日中燧ケ岳が見えていたな。
PA200564_121020_142255.jpg

グラデーションが綺麗!
PA200571_121020_144209.jpg


日が暮れてきたな・・・。
こちら側の斜面は西日が当たらないので、山の影で暗くなるのが早い。
PA200596_121020_150120.jpg

ちと、急ごうか。
PA200604_121020_150528.jpg
下り辛い道が続く。

このルートは、穴ぼこ多し。
PA200619_121020_152310.jpg
ここではないが、先ほど紅葉に気を取られて、
草に隠れてる穴ぼこに落っこち、左すねを負傷した(トホホ)


うーむ。なんだか、両膝も痛くなってきた・・・。
PA200613_121020_150857.jpg
以前靭帯を痛めてからは、長時間歩くと再発を繰り返している。

また、来たか・・・。

これ以上痛めないよう、変な歩き方で下りる。
でも、あんまり意味なかった。


紅葉が綺麗なので、辛さも多少は和らぐが、やっぱり痛い。
PA200627_121020_153800.jpg

平ヶ岳さん、もう紅葉はいいので、早めに私にゴールをください。
PA200635_121020_154149.jpg
と、自分勝手モード突入。



ヤセ尾根がずーっと先まで続いているのが見える。
(左の方に続く尾根)
PA200638_121020_154233.jpg
ぐえー!まだあんなにあんのー!


頭の中で、ゴールプリーズ、ゴールプリーズ!
と、呪文のごとく唱えはじめ、ちょっと壊れかけてくる。
PA200650_121020_160129.jpg

と、同時にカメラのバッテリーも限界モード。

長い!長いよ!平ヶ岳!

PA200652_121020_160315.jpg
とうとうカメラのバッテリーが切れて、この先は画像なし(笑)

ちと撮りすぎたかな。
本日の写真撮影、653枚(笑)


16:33 駐車場着

ようやくゴール。

所要時間、10時間50分

うーむ。思ったより時間かかったな。
撮影に時間を取りすぎちゃったしな。

行程が長いので早めにスタートしたつもりだったが、
もっと早くても、よかったかも。



しかし、平ヶ岳は想像以上の美しさだった。

ありがとう平ヶ岳。


行きは新潟経由で来たけど、帰りは南会津経由。
遅くの到着だったので、小豆温泉は貸切だった(*^_^*)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。