スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肘治療日記#1 

カテゴリ:自作マンガ

右のテニス肘(してないけど)が治らない。
むしろ痛みが増してる(-"-)

高畑まであと2か月だ。
もう間に合わないだろう。シクシク。

「この病院に行ったって直ぐには治らないだろうけど、リハビリくらいは教えてくれるだろう。」
と思い、近所のスポーツ専門の有名な整形外科へ。

ここは9年前、登山で痛めた膝の治療で来たことがある。
1度行ったきりで通わなくなっちゃったけど、
今度は家から近くなったのでちゃんと通おうと思ふ。

肘のレントゲンを撮った後、肘専門の先生がいる診察室へ。
hiji1.png

先生は爽やかなイケメンだった。
hiji2.png


爽やか過ぎて目を開けられない。
hiji3.png

「スキーで痛めた肘が4月頃からずーっと痛いんです。箸が持てんのです。」と申告。
hiji4.png
(8月に他の病院でテニス肘と診断された事は言えない(^_^;))

先生の触診と問診が始まり、色々と検査をする。

『うん、重傷のテニスエルボーだね。』と先生。

『日常生活や何かをする時など、必ずこれを着けてください』
と取り出したのは・・・・
hiji5.png
見覚えのある輪っか。

hiji5_1.png
先生、やはりそれですか・・・。

hiji6.png
「それ持ってます。」とは言えなかった。
また1,500円を支払う羽目に(アホ)。
(先日の記事→「テニス肘」)

tn.jpg
2個目~(‾∀‾;)
せめて、違う色にしてほしかった・・・。

やっぱり、これしなくちゃダメなのか。
着けると他の所が痛くなるしカッコ悪いしで、全然着けてなかった事を反省。


『今日これからMRIを撮れるのですが、どうしますか?』
と言われたので、「じゃ、今日撮ってください」とお願いした。

『MRIが始まるまで1時間半くらいあるので、その間にリハビリを受けてください』との事。

来たねっ!待ってましたよ、リハビリっ(゜∀゜)!

同じフロアにあるリハビリセンターへ移動。

沢山の人達がリハビリを受けてる。
殆どの人がスポーツマンなので、なんか体育会系な雰囲気。
病院ぽくなくて良いかも。

担当の療法士さんは美人なので顔がニヤケテしまう(オヤジかっ)。
hiji7.png

治療にあたって何点かお伺いしますと療法士さん。
『何のスポーツをされてますか?』と聞かれたので、
「登山(スポーツかな?)とスキーですっ!」と、テニスはしてない事を強調。

リハビリの前に肘、腕、肩の触診を始める。

『フーさん、ここを見てください。』
『右腕と左腕の骨の向きが全然違うんですよ』
『ほら、手のひらも全然違う。親指を開くと良く判ります。右と左の開き方が違うでしょ』
『それに右側全体がカッチカチなんですよ。』

色々とあって右腕に負担がかかりやすいらしい。


ほ、ほんとだ・・・。知らなかった。
側彎のため背骨、骨盤、頸椎が曲がって首がねじれ、脚の長さも左右違うのは知っていたが、腕までねじれてしまっているとは・・・。
初めて知った。|||(-_-;)||||||ガクーン。

『スキーシーズンが始まってしまいますね。』
『残念ですが、これは直ぐには治らないのでシーズンインに間に合わないですね。』
『治ったとしてもまた再発しますよ。』
『本当はスキーも登山も控えた方が良いと思います』
『ですが、シーズンインの為にもリハビリ頑張りましょう!』
というような事を療法士さんは言ってくれた。

リハビリぐわんばりますっ!p(TΛT)q


という事でリハビリ開始。

『今日は右胸、右肩、右肘、右手の筋肉をほぐすリハビリから始めましょう。』
hiji7_1.png

療法士さんがまずはお手本。
凝り固まってカッチカチな右腕の筋肉を指で押す。
hiji8.png
痛い・・・。

指で押しながら肘下をねじる。
その後も療法士さんの容赦ない指圧が続く。

お手本が終わり、今度は自分で押しながら肘をねじる。

キューって中途半端に押してると
『もっと強く押してください!』と注意される。Σ( ̄ロ ̄lll)は!はいっ!

今日は「肘下裏、肘下表、手のひら、右肩~右胸」の4種類のリハビリを教えてくれた。
次回はさらにステップアップするらしい。

『必ず、毎日続けてくださいね。』と念を押される。

最後は患部が腫れて熱を持ってるので、アイシングをしながら電気治療。

買い物袋を持ったり、掃除をしたりと、肘を使った時は必ずアイシングをするようにも言われた。

という事は、やはりこれを買ってスキーに持っていこうかな・・・。(゜゜)
ザムスト(ZAMST) ジュニア用アイシングセット 肘・膝・足首用 ブラック 377602ザムスト(ZAMST) ジュニア用アイシングセット 肘・膝・足首用 ブラック 377602
()
ZAMST(ザムスト)

商品詳細を見る


あ!もしかしてお風呂でいつも温めてたのは逆効果!?
聞き忘れたので、次回聞こう(-_-;)


リハビリが終わるとMRI。
最新型でオープン式になっているため、閉塞感がなくて良かった。
hiji9.png
25分爆睡。
動いてしまったかもしれない。

最後にまたイケメン先生の所へ。
MRIの画像を見て色々と説明してくれたが、難しい用語が出てきてほとんど何を言ってるか解らなかった。

『治りにくい所見です。』

と言われたのは、よく解った。(-_-)
hiji10.png

『1か月後にまた来てください。(リハビリは1週間ごと)』
『改善が見られない場合は、ブロック注射も検討しましょう。』とのお言葉。

ださいけどエルボーサポーターをちゃんと着けて(2個もあるし)、リハビリもガンバロウ・・・。


あ、そうそう先日自分に過少申告して買ったSサイズの肘用サポーターなのだけど、右腕の筋肉が落ちたからか、サイズがピッタリになりました。
(先日の記事→「過少申告」)

嬉しいような、悲しいような。(-_-)
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。
待望のフーさんマンガ。最高です!
シーズン迄2ヶ月しか無いと思うと、あっと言う間に来ちゃいますね。嬉しいやら悲しいやら・・・
とにかく肘、お大事に。
笑顔でシーズンインできるようリハビリ頑張ってください。
(^。^)

そらさん\(^^)/

お久しぶりです&ありがとーございます!

ホント二ヶ月はあっという間ですね。
私もそらさんと一緒で嬉しいやら悲しいやらという感じです。(´・ω・`)
高畑の皆さんに会えるのは嬉しいけど、寒い季節が始まってしまうのはちょっと残念…(まだ山に登りたいので(^^ゞ)

>笑顔でシーズンインできるようリハビリ頑張ってください

はい!ありがとうございます!頑張ります!p(^^)q

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。