スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父 

カテゴリ:日記

12/6早朝 父が77年の生涯を閉じた。

ブログには書かなかったが、今年に入ってから父は入退院を繰り返し、介護施設と病院を行ったり来たりしていた。
一番上の姉も私も仕事を辞めたので、母と一緒に父の所へちょくちょく顔を出し、兄と二番目の姉も週末には父を見舞ってくれた。
どんどんやせ細っていく父を見ていると、とても辛かった。
いつもミキサー食をスプーンで食べさせていたのだが、嚥下障害があるのでむせてしまう。
いつかこれも出来なくなってしまうのだと思うと悲しくてしかたがなかった。

10月までは自分で車いすを動かして施設内をうろうろしたり、お手洗いに行けるくらい元気があった。
重い認知症だったが、行くたびに「おうっ」と、照れくさそうに挨拶してくれたり、昔の武勇伝も沢山話してくれた。

しかし11月に入ると、父はついに口から物が食べられなくなり寝たきりになった。
医者からは胃ろうを進められた。

胃ろうをして、寝たきりのまま少しでも長生きさせるのか、
胃ろうをせず、このまま自然に寿命を迎えるか。

家族の意見をまとめて来てくださいという事になった。

胃ろうにすれば、何年かは長く生きられるのだろう。
でもそれは苦しみを長引かせるだけではないか。
それは父にとっては幸せな事ではないだろうと思った。
(こればっかりは本人に聞いてみないと解らないのだけど・・・。)
家族全員気持ちは一緒だった。
「胃ろうはしない」

12月に入り、父は点滴だけになったが、とても穏やかに過ごしていた。
会いにいくといつも、はにかんだような困ったような笑顔を見せてくれた。
昔から父の笑顔は、この笑顔だった。


私達家族の中では、父はまだ数カ月はもってくれるだろうという勝手な思い込みがあった。


12/5(亡くなる前日)
母と一番上の姉と甥っ子と父の所へ。
話しかけると目を開けてきょろきょろと私たちの顔を見てくれた。

父の手を握るととても冷たかったので、ずっと手を握って温めた。
少し握り返してくれたように感じた。

帰り際「また明日来るからね」と言うと、父は苦しそうに首を横に振っていた。
何か後ろ髪引かれる思いがあったが、病院にずっとはいられないのでその日は家に帰った。

12/6
まだ夜が明けきらない頃、ふと目が覚めた。
目が覚めて直ぐに携帯が鳴った。
母からだった。

父の容態がおかしいから家族全員で直ぐに来てくれと病院から連絡が入ったそうだ。

すぐさま支度をして家を出た。
頼むから私達が行くまで頑張ってと祈り続ける。

どうして昨日気付かなかったんだろう、どうして泊まってでもずっと一緒にいなかったのだろう、という後悔が押し寄せる。

家族全員ほぼ同時に到着し、すぐさま病院の中へ。
院長先生が私達の所にやってきた。


間に合わなかった。

父は安らかな顔だった。
顔に触れるとまだ温かかった。

皆で父に話しかける。
父の顔が少し微笑んでいるように見える。
今にも「おうっ」と言って、照れくさそうに起きてきそうだ。

院長先生が父が旅立った時刻を教えてくれた。
私が目を覚ました時刻だった。
ただの偶然なのかもしれないが、もしかしたら父が挨拶に来て、起こしてくれたのかもしれないな。

病院から母に連絡が入って、母が私達に連絡してる間に父は旅立ってしまったのだね。

一人きりで逝かせてしまってごめん。
寂しかったよね。





火葬の日。
父の好きなものを棺に入れた。
油絵が趣味だったので、絵筆を数本。
父がいつもかぶっていた帽子。
好物のリンゴを3つ。
好物の卵ボーロをたくさん。
コンペイトウ(甥っ子から)
いつも着ていた部屋着。
家族全員からの手紙(甥っ子も)
あっちで美味しい物が沢山食べられるように使っていた入れ歯も入れた。
大好きな瓶ビールと、いつもはめていたお気に入りの腕時計は遺影の横に供えた。

病気で片目が見えなくなってから、好きなお酒も辞めちゃったもんね。
これからは好きなだけ飲んで下さい。


車の中で、遺骨を抱え父に話しかける。
やっと家に帰れるね。


毎日、遺影に話しかけている。
寂しい思いをさせてごめん、家に連れて帰ってあげられなくてごめんと謝り続けている。

遺影の父は、いつものはにかんだような困ったような笑顔だ。
「もういいよ~」と言っているようにも見える。

我ながら、良い写真をチョイスしたなと思う。うんうん。

今、とてつもない寂しさでいっぱいだけど、いつかまた会えるよね。
それまで絵を描いたり、レオ(父がいつも散歩に連れて行ってた犬)と散歩したりして待っててね。

それと、そちらで母や家族を見守っててね。

家族みんな、お父さんの事が大好きだよ。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。