スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴリュウ~カラマツ 2日目 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

外は一面雪景色だった。

雪は止んでいるが風は強いし視界は悪い。

DSCF0696.jpg
唐松岳への縦走を諦めて、昨日登ってきた遠見尾根をこのまま下るか、

予定通り唐松へ行くかヘロと相談。
DSCF0697.jpg


「風は強いが、気圧配置からして天候はこれより更に悪くなることは無いだろう」

「これくらいなら、なんとか行けるだろう」

「ダメなときは途中で引き返そう」

「しかし五竜岳は、今回は諦めよう」


という事で予定通り(五竜岳は諦めたが)唐松岳への縦走をしようという結論に達した。


冬山登山は久しぶりだし、これから危険な所に向かおうとしているからか、

いつもの登山より気が引き締まる。


装備のチェックを念入りに。

朝食はいつもより多めに取る。



やや緊張気味で、いざ出発。

DSCF0707.jpg

さすがに縦走を選ぶ人はいない。

皆、遠見尾根に向かっていく。



しばらく歩き、唐松岳と遠見尾根への分岐点で立ち止まった。

唐松への縦走路は思ったより雪が多い。

足が埋まるくらい雪が積もっている。


この装備のままでは凍傷になる可能性が高い。


念のため、山小屋に引き返して装備の見直しをすることにした。


山小屋で靴下を2枚重ねにしたり、装備を増やしたりしてから外に出る。

お!?明らかにさっきより視界が開けてきている。
DSCF0717.jpg

どんどん雲が切れていく

そして・・・

神々しいほど美しい五竜岳が姿を現した。

DSCF0731.jpg



更に、南アルプスや八ヶ岳や富士山までもが見える。
DSCF0743.jpg
中央に薄く富士山が見えるの解るかな。

昨日登ってきた遠見尾根も見える。
DSCF0740.jpg


しかし風は相変わらず強い。

視界が開けたからといって危険な事には変わりない。


気合いを入れて再び唐松岳へと歩を進める。

DSCF0748.jpg


日本海側からの風は相変わらず強いが、快調に縦走路を進む。
DSCF0753.jpg


何度も何度も振り返り、五竜岳の姿を目に焼き付ける。
DSCF0771.jpg


そして五竜岳の後ろに・・・剣岳が見えた!
DSCF0760.jpg
(´∀`)/ウワーイ


池が凍ってたので、とりあえず割るヘロ。
DSCF0772.jpg DSCF0773.jpg
   せーの          ジャボッ


半分冬毛になりかけてる雷鳥先生にも会えた。
DSCF0775.jpg


と、途中までは楽しい楽しい縦走路でした・・・。



ここから先、唐松山荘までは難所が続く危険ゾーン・・・。

徐々にガスが湧き始め、視界が無くなってきた・・・。


一歩足を滑らせたら「さよおなら」の難所がひたすら続く。


今、自分の命を守れるのは自分だけ。

手がかり、足がかりを慎重に選び、三点支持を確実に。

DSCF0782.jpg
今からここを下ります。


雪が着いていて滑りやすいので慎重に・・・

DSCF0786.jpg

岩は登るよりも、下る方が怖い。


難所はまだまだ続く。
DSCF0790_20091012205252.jpg

また岩場だ(-_-;)


DSCF0808.jpg

撮る方も、撮られる方も命がけ。

超、不安定な体勢で撮影を続ける。


てか、「こんな危険な所で写真撮影するなよ」ともう一人の自分が言う。


岩場は続くよどこまでも。
DSCF0798.jpg


DSCF0805.jpg

たまには自分も撮ってもらったり。
DSCF0794.jpg


体温を下げないように、風の弱い所で少しだけ食事を取る。


ゴールはまだかいなー。
DSCF0817.jpg

手がちべたいよー。

ちと弱気になりかけたその時。

DSCF0815.jpg

何やら前方に・・・。 


おぉ!
DSCF0824.jpg


唐松山荘が目の前に見えた時の喜びったら。

DSCF0827.jpg
マジで嬉しかったっす。


ここまでくれば一安心。


後は唐松の山頂行ってから、八方尾根を下るだけ。



DSCF0832 - コピー
唐松岳山頂だよーん。


八方尾根への下りは、今から登ってくる人とのすれ違いが大変だった(-_-;)
DSCF0853.jpg


さっき通ってきた路が見える。
DSCF0860 - コピー



どんどん雪は無くなる。
DSCF0864.jpg

なんかさっきと比べて平和だな・・・


さっき登った唐松岳が見えた(^O^)/
DSCF0872_20091012213529.jpg



DSCF0883.jpg
白馬三山も見えた(^O^)/

DSCF0894.jpg

八方は紅葉見学のお客さん達で凄い混んでたな。

DSCF0897.jpg


雪の無い黒菱。
DSCF0899.jpg


雪の無い兎平。
DSCF0910.jpg

冬はコブコブなのにね(~_~;)


疲れた体にきのこ汁。 美味かったな。
DSCF0912.jpg


今日は白馬の旅館に宿泊。


※疲れちゃったので最後の方は写真ばかりになってしまいました。

  (^^ゞスマソ。

 3日目の記事は明日書きます・・・
スポンサーサイト

コメント

きゃー\(~o~)/さすが気象予報士!かっこいい~♪
ついでに私の男運も予報してほしいわ~(^O^)

素晴らしい景色
初冬のアルプスは
キーンと音がしそうな空気ですね。
僕は今年は近場で山を楽しみます♪

ししゃも。

今回のは予報ではなくて予想かな(^^ゞ


お、男運は・・・

管轄区域外なので解りません(^_^)

Tomyさん。


冬山ってホント、キーンとした空気ですよね。

口あけてると歯にしみます(^^ゞ

毎年冬はスキーばかりになっちゃうので
冬山からは遠ざかっていましたが、また虜になりそうです(^_^)

すげー。

とてもマネ出来ない。
というか、おっかねー。

登山はあこがれるけど、お店までにしとこ(^_^;)。

なむらさん。


確かにおっかないですよね(^^ゞ私も岩場はドキドキします。
でも楽しいよ~

というか、

隊長殿は何でも楽しく出来るのですね。

尊敬します!

わぁ~雷鳥先生に会えたんだー!いいなぁ~^^

ヘロさんの黄色・・・天候が悪いと
スキーも登山も「目立つ色」って重要ですね(^^;)

なむらさん。


私もトマト隊員を尊敬してます!

まりなちゃん。


黄レンジャーかっ!てくらい黄色だよね(^_^;)

お陰で日光が反射して眩しくて・・・(>_<)


スキー場で蛍光色を着ている人って目立つよね
(^◇^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。