FC2ブログ

運がついた。 

カテゴリ:山、登山、ハイキング

(ちと汚い表現が出てきますけど、ゆるちてね)


今日はいつもより、ちと遅めの時間にスタート。

この山にはルートがいくつもあるが、このルートはあまり人気が無い。


人も少なく最高だと思われる。

(熊は怖いが)
DSCF3412.jpg

スタート地点では、まだウキウキ。

その後に来る悪夢をまだ知らない・・・。




スタートしてすぐ、

地図に載っていない分岐地点が現れる。

道標にはカモシカコースや、リスコースの動物名のみ。

登山道の「と」の字も書いちゃいねー。


動物名で、どう判断しろと・・・。




右か左か。

右は、ちと嫌な道。

左は、ちと楽そうな道。



左を選択。(楽な方ー(・∀・)。)


これが悪夢の始まりだった。


左ルートを歩き続けていると、何かがおかしい事に気づく。

本来あるべきはずの放牧地が出てこない。

しかも、明らかに山を登ってない。


途中、何度かあの動物名の道標は現れたが、

いつまで経っても、登山道の「と」の字も書いちゃいねー。


そして、しばらく行くと新たな道標が・・・


タラララッタラ~♪(ドラえもん風に)


「トレイルランコース~♪」(ドラえもん風に)


∑( ̄□ ̄;)!!まっ!まつがえてるっ!



・・・・。

振り出しへ戻る。

すごろくかっ。


ロスタイム往復30分。

||||||| ○| ̄|_ |||||||ガックシ


違うなら違うって書いといてくれ・・・



気を取り直して、再びスタート。

先ほどの嫌な方の右道を行く。(ちぇっ)


樹林帯を抜け、しばらくすると放牧地が。


鉄パイプの柵で行く手を阻まれる。

が、どうやら柵を回りこんでいくらしい。(超解りづらい!)


その後は、有刺鉄線の柵越しに牧場を横目に進む。

進むにつれてクマザサが多くなってきた。


どんどんどんどんクマザサが増えてく!

猛烈な笹ヤブ漕ぎっ!

足元が見えないっ!

ストックでかき分けても見えない!

しかも腰ほどの高さのクマザサちゃんは、

朝露に濡れているのでズボンと登山靴がビッチョビチョ!

たまにクマザサ以外の植物が顔にぶつかったりするし。


ま、牧場の、このあたりだけ手入れされてないのだろう。

と、思う事にした。

思った通り、しばらくするとクマザサ地帯が終了。

DSCF3415_20100921193839.jpg

ホッとしたのもつかの間、

何かを踏んだ・・・。


(-_-;)も、もしや・・・この感触・・・。



ガ━━━━(゚∀゚;)━━━━ンッ!


牛の○○○っ!!



奈良の春日の青芝に~♪

腰を下ろせば~・・・

ふんふんふん~♪黒豆や~♪


などとカワイイものではない!


ムチャクチャデカイ!

ハエもたかってる!


あぁぁぁ・・・。

なんてこった・・・。


かなりブルー。


よく見るとここら辺一帯、牛ちゃんの○○○だらけ。


あああああぁぁ・・・。


道が細いので否応なくそこを通らなくてはならない。

ジャンプして未汚染地帯に着地!

さらにジャンプっ!

ジャンプ!ジャンプ!

って!スチュワーデス物語かっ!(あ、知らない?)

その後も、何度か踏みつつも、ようやく○○○地獄から脱出。


もう、既に登る気力が失せてきた。モウヤダー(;´‐д‐`)アウー

DSCF3414.jpg

でも槍や穂高など、北アルプスが一望できて、やる気復活。


牧場を抜け登山道に入ったらさすがに牛ちゃんからの贈り物は無かった。


がっ!

再び、クマザサ地獄!


延々と続く、クマザサ漕ぎ。

しかも道標が、わざと迷わせてるのでは?と思うほど解りづらくて迷いまくり。


さらに、クマザサがボワボワ茂ってるからか道が乾きづらくグチョグチョ。

滑る滑る。

ヘビーだ。

この山、ヘビーだ・・・。


行程は短いし一直線だし。

と、舐めてかかっていたのが失敗だった。

精神的にかなりキツイ山だ。


今まで登ってきた中でも、精神的にキツイ山ベスト5には入るかも
(個人的に)


上に行くにつれてクマザサはいなくなり、

快適な登山道になった。

DSCF3418.jpg

あぁ、もう少しで頂上だ。


DSCF3421.jpg

道迷い、牛ちゃんからの贈り物、クマザサの総攻撃。

色々あったが、やっぱりこの瞬間は最高だ。


DSCF3437.jpg

頂上ではチョウチョがお出迎えしてくれたけど、名前とか全然解んない。

好きな人は直ぐに解るんだろね。
DSCF3429_20100921193902.jpg


お昼ごはんを食べて、下山開始。


下山・・・。


という事は。


今来た道を


も・ど・る・・・

DSCF3458.jpg
↑こっちは人気の登山ルート。快適そうだな・・・。



この登山道が人気の無い訳が解った気がする・・・。

帰りも地獄でした・・・。



今日は、特別な日なんだけどな・・・

ま、「うん」が付いたという事で、良しとするか。(^^ゞ
スポンサーサイト




コメント

うん。
(^.^)

なむちゃん。


うん。
(*^□^*)

特別な日にこのプレゼントはいただけないね(^。^)
でも、これからいい事が起きるということで・・・

四阿山、いつか登ろうと思ってましたが、このルートは避けます・・・とっても参考になりました(^_^)v

アハハ。大変でしたが特別な日に大きなウンが付いて良かったですね。

GRIさん。

参考にして頂けたようで何よりです(^O^)/


本文にはルート名を記載しませんでしたので念のため。

「四阿高原ホテル(あずまや温泉)」から登るルートです(~_~;)


でも・・・ここのルートほど酷くは無いと思うのですが、
他のルートにも「クマザサ漕ぎ」をしなくてはならない所があるそうです(^_^)/
(どのルートかは不明)

一風堂さん。

 ↑↑
細かいところへのツッコミありがとうございます(^^ゞ

シャズナでなく一風堂にしてくれて嬉しいです(笑)



>大変でしたが特別な日に大きなウンが付いて良かったですね

エヘヘ。前向きに考えるようにしないとね。(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)